ベントレー・コンチネンタルGT(前編)

2019.12.12 谷口信輝の新車試乗 「このクルマ、なんでも一番を取りにきている!」 雨のワインディングロードで新型「ベントレー・コンチネンタルGT」に試乗した谷口信輝は、なぜそのように感じたのか?

過去2代とは基本が違う

鮮やかな色合いなのに、どこかしっとりと落ち着いたブルーメタリックのベントレー・コンチネンタルGTに乗り込んだ谷口信輝が、時折強く雨が降る箱根のワインディングロードを走り始めた。
「基本的にはものすごく豪華なクルマなんですが、そのなかにスポーティーな味わいがあったり、サウンドもちょっとだけですが聴かせようとしていますね。乗り心地はとっても快適だけど、それでいて速い。エンジンのパワーも相当ありそうですね」

さすが谷口。乗り始めて3分とたたないうちに、新型コンチネンタルGTの特徴をあらかた指摘し尽くしてしまったかのようだ。

初代コンチネンタルGTは2003年に誕生。そこから数えて3代目にあたるのが今回試乗したモデルだが、前2代とこの3代目には決定的な違いがある。誤解を恐れずに言えば、クルマの土台となるプラットフォームがそれまでのアウディ系からポルシェ系へと一変したのだ。

従来のコンチネンタルGTに用いられていたプラットフォームはMLBと呼ばれ、これはアウディのサルーンやSUVなどに広く使われてきたもの。センターデフがトルセン式だったり、ギアボックスがトルコン式(MLBを用いたアウディのサルーンにはDCTもあるが、重量級モデルの多くはトルコン式)だったりするのはその名残といっていい。

一方、3代目コンチネンタルGTは「ポルシェ・パナメーラ」にも使われているMSBを採用。この結果、最新のコンチネンタルGTにはフルタイム4WDの前後トルク配分機構に電子制御多板クラッチ式を用いたり、ギアボックスも8段DCTとされた。空気容量がこれまでより60%以上も多く、それだけ可変範囲が広がった3チャンバー式エアサスペンションもパナメーラに通ずる設定。こういった仕様変更により、スポーティーからラグジュアリーまで幅広い世界観を演出できるのが新型コンチネンタルGTの最大の特徴なのだ。

もっとも、ベントレーはMSBをそのまま使うのではなく、82%のパーツを独自に開発したというから、ひとことでポルシェベースと言うには語弊があるかもしれない。

 
ベントレー・コンチネンタルGT(前編)の画像拡大
 
ベントレー・コンチネンタルGT(前編)の画像拡大
 
ベントレー・コンチネンタルGT(前編)の画像拡大
 
ベントレー・コンチネンタルGT(前編)の画像拡大

【ベントレー・コンチネンタルGTのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4880×1965×1405mm/ホイールベース:2850mm/車重:2260kg/駆動方式:4WD/エンジン:6リッターW12 DOHC 48バルブ ツインターボ/ トランスミッション:8段AT/最高出力:635PS(467kW)/6000rpm/最大トルク:900N・m(91.8kgf・m)/1350-4500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR22 104Y/(後)315/30ZR22 107Y(ピレリPゼロ)/ 燃費:12.2リッター/100km(約8.2km/リッター、欧州複合サイクル)/ 価格:2680万7000円


【取材時の燃費データ】
テスト距離: 214.2km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:31.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.8km/リッター(満タン法)/6.9km/リッター(車載燃費計計測値)


	【ベントレー・コンチネンタルGTのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4880×1965×1405mm/ホイールベース:2850mm/車重:2260kg/駆動方式:4WD/エンジン:6リッターW12 DOHC 48バルブ ツインターボ/ トランスミッション:8段AT/最高出力:635PS(467kW)/6000rpm/最大トルク:900N・m(91.8kgf・m)/1350-4500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR22 104Y/(後)315/30ZR22 107Y(ピレリPゼロ)/ 燃費:12.2リッター/100km(約8.2km/リッター、欧州複合サイクル)/ 価格:2680万7000円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 214.2km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:31.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.8km/リッター(満タン法)/6.9km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
コンチネンタルGT, ベントレー

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る