「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定

2019.12.16 自動車ニュース
日産リーフAUTECH
日産リーフAUTECH拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2019年12月16日、電気自動車「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、同モデルをベースとした「リーフAUTECH」の仕様を変更。2020年2月に発売すると発表した。

 
「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定の画像拡大
 
「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定の画像拡大

具体的な変更内容は、日産リーフのものと共通(関連記事)。運転支援システムの「プロパイロット」や「プロパイロットパーキング」については作動時の運転感覚がより自然になるよう制御を変更したほか、ドライバーがより安心して運転できるよう全方位運転支援技術も拡充させた。

「NissanConnect」には新たなサービス・コンテンツを追加。さらに、9インチの大画面を持つ「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」や、シャークフィンアンテナを標準化した。

また、「オーロラフレアブルーパール」の車体色にスーパーブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラーをAUTECHバージョンの専用色として追加設定し、全7色展開とした。

価格は以下の通り。

  • リーフAUTECH:409万4200円
  • リーフe+AUTECH:468万6000円

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
ホームへ戻る