「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデート

2019.12.18 自動車ニュース
トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”
トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”拡大

トヨタ自動車は2019年12月18日、ミニバン「アルファード」および「ヴェルファイア」を一部改良し、2020年1月6日に発売すると発表した。

 
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデートの画像拡大
 
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデートの画像拡大
 
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデートの画像拡大

今回の改良ではスマートフォンとの連携が可能な9インチのディスプレイオーディオを標準装備とした。従来の車載カーナビゲーションを利用したいユーザー向けには「エントリーナビキット」、または「T-Connectナビキット」も用意する。

このほか、既存の「T-Connect SDナビゲーションシステム」には10.5インチディスプレイを、リアシートエンターテインメントシステムには13.3インチディスプレイを採用し、画面サイズを拡大。バックガイドモニターを全車に標準装備としたほか、3眼LEDヘッドランプとウエルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準設定グレードを拡大した。また、スライドドアの開閉に連動して展開/格納する電動サイドステップをオプション設定した。

価格はアルファードが352万円~775万2000円で、ヴェルファイアが366万5000円~583万3000円。

(webCG)

関連キーワード:
アルファード, ヴェルファイア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アルファード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)/グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.2.11 試乗記 上級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」よりもさらに大きなワンボックス車としてデビューした「トヨタ・グランエース」。新たな市場の開拓を目指すピープルムーバーの乗り心地、そして使い勝手は?
  • ダイハツ・ロッキーG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.27 試乗記 2019年11月の誕生以来、好調なセールスを記録するコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」。人気の秘訣(ひけつ)を探るべく、AセグメントではSUVでも珍しいフルタイム4WD車に試乗。“市場のスキマ”に投入されたニューモデルは、ダイハツらしい、生活に寄りそう良作だった。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る