さらば“二輪二足”の名車! 千葉の山奥で「ヤマハ・セロー」の復活を願う

2019.12.23 デイリーコラム

販売は好調なのに

2019年12月5日、日本全国の山男・山ガールを悲しみのどん底に突き落とすニュースが列島を駆け巡った。「ヤマハ・セロー250」国内向け生産終了のお知らせである。

セローといえば、素直なハンドリングに扱いやすいエンジン、コケそうになっても「おっとっと」で済む軽さ、“オフ車”としては異例なまでの足つきの良さで、幅広いユーザーに支持されるデュアルパーパスモデルだ。あまたのライダーを山へといざなった、偉大なるカモシカ。大型バイクみたいにイバりは効かないが、ユーザーフレンドリーで機能的で、ヤマハの良心の権化みたいな存在だった。

そんなセローが、生産終了。ショックである。そもそも現行型は、排ガス規制に対応すべく1年にわたる改修を経て、2018年夏に復活したばかりじゃないか。世知辛いご時世、もう山バイクで遊ぶような人も少なくなってしまったのね。……などと勝手に思っていたら、実情は全然違った。

おさらいさせていただくと、現行型のセロー250が登場したのは2005年4月1日のことで、当初の販売計画は年間3000台。デビュー効果が薄れてからは年間1000台ほどに落ち着いたが、2013年ごろから再び人気が高まり、2017年にはデビューイヤーを超える3500台を売り上げたという。生産休止もあって、2018年はやや販売が落ちたものの、復活後は再び台数を伸ばし、今日に至っている。

ならして見ると、ここ数年の年間販売はおよそ3000台。直近のセールスは前年比20%増。最終版たる2020年モデル「セロー250ファイナルバージョン」の販売計画は、年間4000台だそうな。ヤマハ・セロー、実は絶好調なのである。

では、なぜ生産終了となってしまうのか? その理由を探るべく、記者はファイナルバージョンの取材・撮影会へと赴いた。

35年の歴史のトリを飾る「ヤマハ・セロー250ファイナルエディション」。人気のアクセサリーパッケージ「ツーリングセロー」装着車(左)も用意される。
35年の歴史のトリを飾る「ヤマハ・セロー250ファイナルエディション」。人気のアクセサリーパッケージ「ツーリングセロー」装着車(左)も用意される。拡大
「セロー」は1985年に誕生したヤマハのオフロードバイク。現在のモデルは、2005年に登場した2代目に当たる。
「セロー」は1985年に誕生したヤマハのオフロードバイク。現在のモデルは、2005年に登場した2代目に当たる。拡大
249ccの空冷4ストローク単気筒OHCエンジン。2018年に大幅改良を受け、O2センサーやキャニスターの採用などにより、今日の排出ガス規制に適合した。
249ccの空冷4ストローク単気筒OHCエンジン。2018年に大幅改良を受け、O2センサーやキャニスターの採用などにより、今日の排出ガス規制に適合した。拡大
ボディーサイドに描かれた「MOUNTAIN TRAIL」の文字。デビュー当初から今日まで受け継がれる、「セロー」の商品コンセプトだ。
ボディーサイドに描かれた「MOUNTAIN TRAIL」の文字。デビュー当初から今日まで受け継がれる、「セロー」の商品コンセプトだ。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • こんなバイクはもう出ない! あるうちに欲しいヤマハの絶版名車とは? 2021.1.29 デイリーコラム 有名な「SR」をはじめ、ヤマハのロングセラーバイクが近年続々と生産終了に追い込まれているのをご存じだろうか? その要因は何か、そしてファンが手に入れる術(すべ)は残されているのか、事情に詳しいモータージャーナリストがリポートする。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
  • ヤマハ・ツーリングセロー(MR/5MT)【レビュー】 2019.2.23 試乗記 1年のブランクを経て、最新の排出ガス規制に対応して復活したヤマハのオフロードバイク「セロー250」に、新たにアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW(ツーリングセロー)」が設定された。機能性の向上とワイルドなデザインを同時に満たす“和製アドベンチャー”の走りに触れた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る