新型「BMW X6」発売 クーペスタイルSUVの元祖がフルモデルチェンジで3代目に進化

2019.12.25 自動車ニュース
BMW X6
BMW X6拡大

BMWジャパンは2019年12月23日、一新されたクーペスタイルのSUV「BMW X6」を発表し、同日、販売を開始した。

 
3代目「X6」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4945×2005×1695mm、ホイールベース=2975mm。
3代目「X6」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4945×2005×1695mm、ホイールベース=2975mm。拡大
BMW車で初となるキドニーグリルのライトアップ機能「キドニーグリル・アイコニックグロー」を装備。
BMW車で初となるキドニーグリルのライトアップ機能「キドニーグリル・アイコニックグロー」を装備。拡大
リアコンビネーションランプは、L字型をモチーフとしたデザインを採用。
リアコンビネーションランプは、L字型をモチーフとしたデザインを採用。拡大
新型「X6」のインストゥルメントパネル。透明度の高いクリスタル製シフトノブも用意される。
新型「X6」のインストゥルメントパネル。透明度の高いクリスタル製シフトノブも用意される。拡大
「X6 M50i」に搭載される最高出力530PSの4.4リッターV8ツインターボエンジン。
「X6 M50i」に搭載される最高出力530PSの4.4リッターV8ツインターボエンジン。拡大
初採用された「キドニーグリル・アイコニックグロー」により、夜間などではフロントグリルが浮かび上がるように見える。
初採用された「キドニーグリル・アイコニックグロー」により、夜間などではフロントグリルが浮かび上がるように見える。拡大

今回のフルモデルチェンジで第3世代へと進化したX6は、初代が2008年に、2代目が2014年に登場。クーペスタイルのSUVという新しいデザイン要素を取り入れ、多くのフォロワーを生み出した。

最新モデルでも、流麗なルーフラインが特徴のクーペスタイルは健在。ひと目でX6と分かるフォルムとなっている。デザイン面での注目点は、BMW車として初採用されたキドニーグリルのライトアップ機能「キドニーグリル・アイコニックグロー」だろう。キドニーグリルが輝くことで、より立体的なデザインとなり、夜間でのドライブなどで存在感を演出する効果があるという。テールランプも大きく変更されたパートで、最新世代のBMW車とイメージが重なる細長く伸びた立体的なL字型デザインとなった。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4945×2005×1695mmとなり、ホイールベースは2975mmと発表されている。これは先代モデル比で全長+20mm、全幅+15mm、全高-5mmとなり、ホイールベースは現行モデルより40mm延長されている。

インテリアもBMW最新のコンセプトにのっとってデザインされている。ドライバーが自由に表示をカスタマイズすることが可能な10.25インチのコントロールディスプレイと、12.3インチのフルデジタルメーターパネルを装備。シートは表面の加工がすっきりと上品に見え、座り心地が柔らかい「ヴァーネスカレザー」を標準装備とし、上質なキャビンを仕立て上げたという。オプションで透明度の高いクリスタル製シフトノブも用意され、高級感を演出する。

日本に導入されるのは、最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボエンジンが搭載された「X6 xDrive35d」「X6 xDrive35d Mスポーツ」と、同530PSの4.4リッターV8エンジンを積む「X6 M50i」の3モデル。駆動方式はすべて4WDとなる。

新型X6には、BMWが国内認可取得モデルとして初めて導入した、高速道路での渋滞時に手放し運転が可能になる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」のほか、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)やレーンチェンジウオーニング(車線変更警告システム)、レーンチェンジアシストおよびレーンディパーチャーウオーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィックウオーニング、パーキングアシスタントといった運転支援システムが装備されている。パーキングアシスタントには、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、同じ道筋をバックで正確に戻れるリバースアシスト機能も備わる。

AI技術を活用することで、会話だけで車両の操作や情報へのアクセスが可能となる「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」も搭載。これは音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉でドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にするほか、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習。「OK、BMW」という決められたキーワードで起動するだけでなく、呼びかける言葉を任意に設定することも可能だという。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • X6 xDrive35d:990万円
  • X6 xDrive35d Mスポーツ:1069万円
  • X6 M50i:1395万円

(webCG)

関連キーワード:
X6, BMW, 自動車ニュース

BMW X6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
  • 「BMW X1」のディーゼルモデルでACCなどが標準装備に 2021.5.7 自動車ニュース BMWジャパンは2021年4月30日、「BMW X1」の一部仕様を変更し、販売を開始した。最高出力150PS/最大トルク350N・mの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」を対象に、人気のオプションを標準装備とすることで商品力の強化を図っている。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る