新型「スバル・レヴォーグ」に早くも「STIスポーツ」登場【東京オートサロン2020】

2019.12.25 自動車ニュース
新型スバル・レヴォーグ プロトタイプSTIスポーツ
新型スバル・レヴォーグ プロトタイプSTIスポーツ拡大

スバルは2019年12月25日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)に、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同でブースを出展すると発表した。

スバルブースのイメージ。
スバルブースのイメージ。拡大

スバルブースの主役は新型「レヴォーグ プロトタイプSTIスポーツ」。スバルとSTIが一丸となって新型レヴォーグの進化した走行性能にさらなる磨きをかけた、革新し続けていく「スバルの走りの未来」を象徴するクルマだという。

このほか、「BRZ STIスポーツ」と「WRX S4 STIスポーツ」のカスタムコンセプトも出展。スバルとSTIならではの走りの楽しさを提案する。

さらに、STIのモータースポーツへの挑戦を象徴するクルマとして、2019年にクラス連覇を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車「WRX STI NBR CHALLENGE 2019」とSUPER GT参戦車「SUBARU BRZ GT300 2019」、WRX STI全日本ラリー2019参戦車の3台も展示する。

主な出展車両の概要は以下の通り。

【新型レヴォーグ プロトタイプSTIスポーツ】
フルインナーフレーム構造を組み合わせたスバルグローバルプラットフォームや、新開発1.8リッター水平対向直噴ターボエンジン、新世代アイサイトなどスバルの最新技術が注ぎ込まれた新型レヴォーグ。その走りはスポーティーさと上質さを高いレベルで両立し、乗る人すべてにとって心から気持ちいいと思える運転の楽しさを実現した。

新型レヴォーグ プロトタイプSTIスポーツでは、スバルとSTIが一丸となり、新型レヴォーグの持つポテンシャルを最大限に引き出すことで、さらなる走りの楽しさをもたらす「スバルの走りの未来」を提示する。

【BRZ STIスポーツ(カスタムコンセプト)】
SUPER GT参戦車両SUBARU BRZ GT300をモチーフとするフロントスポイラーやスワンネックリアスポイラーなど、STIがレースで培った経験を生かしたパーツを装着することで、BRZの特徴である高いコーナリング性能を最大限に向上させることを狙ったコンセプトモデル。

専用色の「ギャラクティックWRブルー メタリック」をまとった外装に、専用RECAROシートを中心としたシルバー&レッド基調の内装を組み合わせ、視覚からもスポーツマインドを刺激する。

【WRX S4 STIスポーツ(カスタムコンセプト)】
WRX S4 STIスポーツをベースに、リアカーボンウイングや19インチアルミホイール、STIパフォーマンスパーツ等を装着することで、走りのパフォーマンス向上を狙ったコンセプトモデル。

BRZ STIスポーツ(カスタムコンセプト)と同様、ギャラクティックWRブルー メタリック外装と専用RECAROシートを中心としたシルバー&レッド基調の内装を採用している。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, BRZ, WRX S4, スバル, 東京オートサロン2020, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • 新型「スバル・レヴォーグ」に早くも「STIスポーツ」登場【東京オートサロン2020】 2019.12.25 自動車ニュース スバルは2019年12月25日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)に、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルと共同でブースを出展すると発表した。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • 2020年デビューが決定! 新型「BMW M3」を予想する 2020.1.29 デイリーコラム 2020年内に新型がお披露目されることが明らかとなった「BMW M3」。1985年のE30型に始まる同車の進化の歩みを紹介するとともに、通算で6代目となる新型のスペックを予想する。
ホームへ戻る