三菱が「エクリプス クロス」を一部改良 フロントドアにイルミネーションを追加

2019.12.25 自動車ニュース
三菱エクリプス クロス
三菱エクリプス クロス拡大

三菱自動車は2019年12月25日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に一部改良を実施し、販売を開始した。

エクリプス クロス ブラックエディション
エクリプス クロス ブラックエディション拡大

今回の改良では、フロントドアのインナードアハンドルとドアグリップ、ボトルホルダーにLEDのイルミネーションを採用。アンバーの間接照明により上質な室内空間を演出するとともに、夜間におけるドアまわりの利便性を向上させた(「M」グレードを除く)。

また特別仕様車「ブラックエディション」では、Aピラーやルーフライニングなどの色をブラックへと変更したほか、新たにアルミペダルを採用した。

価格は258万6100円から352万1100円。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る