第158回:アルファ・ロメオ考2020

2020.01.14 カーマニア人間国宝への道

アルファはカッコが命

今回は現在のアルファ・ロメオについて、いちカーマニアとして、中古車も含め深く考察してみたい。なにせイタ車好きですから。

現在、このブランドの新車ラインナップは、中高年カーマニアにとってなかなか微妙なものになっている。

「4C」や「4Cスパイダー」は、貧者のスーパーカーとしてすばらしい存在だが、あまりにも操縦性がコワイ。私が推測するに、あのヤバさは空力に原因がある。

100km/hを超えたくらいで、早くもリアのリフトを感じるのです。そういう空力がヤバいクルマに関しては、「フェラーリ360モデナ」で5年間カイゼンに試行錯誤したのでセンサーがビンカンなのだ。

それはそれで危険な魅力だが、怖すぎて57歳にはキツイ。若い人にオススメしたい。つっても4Cの新車買うカネがあれば中古の360モデナが買えるので、そっちをプッシュしたくなってしまう。

「ジュリア」は大変に官能的なセダンだ。特に「クアドリフォリオ」は完全に4ドアのフェラーリである。2.9リッターV6ターボはすさまじいばかりにエロティックに回る。ステアリングはビンカンすぎてこぶし1個ぶん切るだけで横っ飛びする。本当にスバラシイのだが、なにせお値段が張る。1153万円ですから。

2リッターターボや2.2リッターディーゼルターボモデルも、乗り味ははっきりラテンでドイツ車とは違った魅力があるが、フォルムがあまりにも「BMW 3シリーズ」。お値段も3シリーズとほぼ同じ。中古価格もほぼ拮抗(きっこう)。そうなると、人間弱いもので、メジャーな3シリーズに流れてしまう。やっぱアルファはカッコが命だから、横から見たらBMWと見分けが難しいってのは痛い。

「ジュリア クアドリフォリオ」に試乗し、中古車も含め、アルファ・ロメオのラインナップについて考えた! (写真=池之平昌信)
「ジュリア クアドリフォリオ」に試乗し、中古車も含め、アルファ・ロメオのラインナップについて考えた! (写真=池之平昌信)拡大
4C
4C拡大
「ジュリア」(左)と筆者の愛車「BMW 320d」(右)。(写真=池之平昌信)
「ジュリア」(左)と筆者の愛車「BMW 320d」(右)。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • 第159回:ビバ! ポンコツ147 2020.1.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第159回は「ビバ! ポンコツ147」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるアルファ・ロメオ車とは? 30万円以下で購入した中古モデルで、シアワセなカーライフを送っている、あるクルマ好きの生態に迫る。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る