第211回:1966年のル・マンを迫真の映像で描く
『フォードvsフェラーリ』

2020.01.09 読んでますカー、観てますカー

提携を模索したフォードとフェラーリ

映画のクライマックスは、1966年のル・マン24時間レース。『フォードvsフェラーリ』のタイトルでわかるように、「フォードGT40」と「フェラーリ330P3」の激闘を描く。実際に行われたレースだから、勝敗は知られている。それでも観ていて興奮してしまうのが、この映画が優れていることの証明である。スピードに懸けたエンジニアとドライバーがリアルに描かれているからこそ、観客は白熱の闘いに没入することができるのだ。

1960年代のル・マンで、フェラーリは無敵の存在だった。圧倒的な速さと強さを持ち、勝利を重ねていく。ただし、台所は火の車。レースでの勝利を生かしてロードゴーイングカーを売るというビジネスモデルは、必ずしもうまくいっていなかったのである。資金繰りに行き詰まり、フェラーリは資本提携を模索する。名乗りを上げたのは、巨大自動車会社のフォードだった。

フォードもまた、経営上の問題を抱えていた。戦後のベビーブームで生まれた世代が運転免許を取得する時期を迎えていたが、彼らにフィットする若者向けのラインナップを欠いていたのである。マーケティング戦略を担当していたリー・アイアコッカは、コンパクトでスポーティーなモデルを提案する。それが1964年に発売された「マスタング」である。ポニーカーと呼ばれるジャンルを切り開いた画期的なモデルだった。

クルマのスポーティーさをアピールするには、フォードは古臭いブランドだった。イメージアップするには、レースで結果を出すことが確実な方法である。手っ取り早く勝利を手にするためには、実績のあるチームを傘下に収めればいい。スクーデリア・フェラーリならうってつけだ。アイアコッカはイタリアに渡り、マラネロに赴いた。

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation拡大
 
第211回:1966年のル・マンを迫真の映像で描く『フォードvsフェラーリ』の画像拡大
 
第211回:1966年のル・マンを迫真の映像で描く『フォードvsフェラーリ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事