人とクルマの新しい付き合い方? 自動車サブスクリプションの可能性と素朴な疑問

2020.01.13 デイリーコラム

リースと何が違うのよ?

古式ゆかしきレンタカーに加え、カーシェアリング、個人間カーシェア、そしてサブスクリプションと、ここ数年でさまざまな形態のサービスが登場した自動車ビジネス。2019年末には方々のニュースや新聞が「トヨタの新サービス、KINTOが苦戦!」なんて報を打ったもんだから、今冬の忘年会では知古の友(活計は自動車業界外)より「アレってなんなの?」とまま聞かれた。まだ始まったばかりだというのに不名誉な報じられ方をしているKINTOだが、おかげで新聞の経済面を読むような面々の間では、確かに認知度が上がっているようである。

それにしても、「アレってなんなの?」って言われましても、新聞に書いてある通りよ。月々の定額払いでクルマが利用できるサービスよ。残価設定型ローンとは何が違うの? 税金とか保険料とかが全部月額に含まれてて、後々の出費がかからないところじゃないの? リースと一緒じゃない? 西野カナと加藤ミリヤくらいの違いだねえ。それじゃあ、なんでこんなに騒がれてんの? と問われて記者は答えに詰まった。

酒が入った素人というのは時に識者より鋭くなるもんで、砂肝をいただきながら「実際そうかも」と思った次第。サブスクだかフリスクだか知らないけれど、ややこしいカタカナ用語で新しい感を出してはいるが、サービスの実態は既存のリースとそう変わらない。主に法人向けだったサービスを個人向けにも展開したというのが実態で、かねて社用車などでリースに触れているユーザーからしたら、本当に「何が新しいの?」といったところだろう。

KINTOだけの話ではないが、恐らく私たちメディアは、わさわさと出現してきた自動車利用サービスの仕組みに関心があるわけではない。社会性や持続性を持った“クルマを売らない自動車サービス”は果たして成り立つのか。本格的な模索が始まったことに対し、「そんなこと、ホントにできるの?」と注目しているのだ。

2019年12月に行われた、KINTOの事業説明会の様子。主力商品である「KINTO ONE」の契約数が1000に満たなかったことから苦戦が報じられたが……。
2019年12月に行われた、KINTOの事業説明会の様子。主力商品である「KINTO ONE」の契約数が1000に満たなかったことから苦戦が報じられたが……。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事