さらなる効率化を目指して クルマづくりはこの先どうなる?

2020.01.10 デイリーコラム

勢いを増す“シェア”

「バッジエンジニアリング」という言葉、ご存じでしょうか。要は、ひとつのエンジニアリングを多数のブランドや車名で共有することで、自動車業界においては昔からネガティブイメージの強いものです。

身近なところでは、トヨタのミニバン「アルファード」&「ヴェルファイア」。さかのぼると「マークII」3兄弟などもそれにあたりますが、これらは灯火類やアウターパネルなどから銘柄ごとの差別化が施されていますからまだマシなほう。1960~1970年代のイギリスにおいては、モーリスやライレー、ウーズレーなど民族資本系メーカーが合併の名の下に束ねられたこともあり、「ADO15-16」系を筆頭に大量のバッジエンジニアリングカーが製造されることとなりました。

が、当時は灯火類も規格品が主流で意匠的なすみ分けが難しく、「見た目で違うのはグリルのみ」といった、ブランドの哲学を無視したモデルも乱造される始末。それが見事にイギリスの自動車業界の衰退と重なったこともあり、禁忌的な意味合いが濃くなったんですね。

とはいえ、バッジエンジニアリングは途絶えたわけではありません。広義的にはむしろ以前より盛大に手がけられています。例えばフォルクスワーゲン・グループのMQBモジュール。前軸中心からフロントカウル部にかけての構造を固定化し、それ以外のディメンジョンはブツに合わせて可動できる設計で、B/C/Dセグメントの車両に幅広く対応するものとなっています。これはすなわち、設計工数の削減のみならず、近年更新慌ただしい電子系のアーキテクチャーの共有も実現するほか、製造設備の統一を条件に世界中での柔軟な生産性向上を達成……と、多大なコストメリットももたらしているわけです。

文中で名前の挙がっている、トヨタのミニバン「ヴェルファイア」(写真左)と「アルファード」(同右)。実質的に“同じクルマ”といえる、顔違いの兄弟車である。
文中で名前の挙がっている、トヨタのミニバン「ヴェルファイア」(写真左)と「アルファード」(同右)。実質的に“同じクルマ”といえる、顔違いの兄弟車である。拡大
フォルクスワーゲン・グループが展開するエンジニアリングアーキテクチャー「MQB」のイメージ。基本となるコンポーネンツは共有しながらも、ホイールベースや前後のオーバーハングなどを変化させることで、開発コストを抑えた多様な車種展開を可能とする。
フォルクスワーゲン・グループが展開するエンジニアリングアーキテクチャー「MQB」のイメージ。基本となるコンポーネンツは共有しながらも、ホイールベースや前後のオーバーハングなどを変化させることで、開発コストを抑えた多様な車種展開を可能とする。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事