クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)

抜群の切れ味 2020.01.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。

AMGの新エントリーモデル

1997年の初代誕生時、メルセデス・ベンツのブランド内においてエントリーモデルと位置付けられた「Aクラス」。20年以上が経過した今も、そうした立場に変わりはない。

ただし、初代および2代目モデルがコンパクトなボディーサイズに対するキャビン容積の大きさをセリングポイントとする“モノスペースカー”的なキャラクターの持ち主であったのに対し、2012年に登場した3代目以降は一転して“ワイド&ロー”のプロポーションがもたらすスタイリッシュぶりがアピールされた。このブランドの作品としては、かつてない“宗旨替え”も話題になった。

2018年に発表された現行モデルとなる4代目は、同年秋に日本導入を開始。当初、ターボ付きの1.4リッター直4直噴エンジンを搭載したハッチバックモデルのみからスタートした日本仕様の展開は、その後Aクラスとしては初となるディーゼルエンジン搭載モデル、さらには「前輪駆動アーキテクチャーを用いたメルセデス・ベンツとしては初」とうたわれる「セダン」を追加設定することで、大幅にバリエーションが拡充されるに至っている。

そうした中で、現行Aクラスとして初めて“AMG”の記号が与えられたホットモデルが、今回取り上げるA35 4MATICだ。「高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なわないよう開発された」と、そんなフレーズで狙いとキャラクターが紹介される、欲張りな一台でもある。

「メルセデスAMG A35 4MATIC」は「Aクラス」のトップモデル「A45 S 4MATIC+」に先がけ、2019年の8月27日に日本導入が発表された。「35シリーズ」は、4代目となる現行Aクラスから登場した、AMGのエントリーモデルという位置付けだ。
「メルセデスAMG A35 4MATIC」は「Aクラス」のトップモデル「A45 S 4MATIC+」に先がけ、2019年の8月27日に日本導入が発表された。「35シリーズ」は、4代目となる現行Aクラスから登場した、AMGのエントリーモデルという位置付けだ。拡大
インテリアデザインはベースとなった「Aクラス」と基本的に同一だが、オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択することにより、フラットボトム型の「AMGパフォーマンスステアリング」(写真)が装備される。
インテリアデザインはベースとなった「Aクラス」と基本的に同一だが、オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択することにより、フラットボトム型の「AMGパフォーマンスステアリング」(写真)が装備される。拡大
「A35」のエンブレムは、リアゲート右下に配置される。前輪駆動アーキテクチャーのAMGモデルは、「35シリーズ」の登場によって「45シリーズ」との2本立てとなる。
「A35」のエンブレムは、リアゲート右下に配置される。前輪駆動アーキテクチャーのAMGモデルは、「35シリーズ」の登場によって「45シリーズ」との2本立てとなる。拡大

装いは羊の皮をかぶった狼

グレード名称からも明らかなように、このモデルではFFレイアウトをベースとしながらも、より高度なトラクション能力を確保するために、電子制御式多板クラッチを用いた4WDのみの設定とされる。パワーユニットはAMGがチューニングを施したオーバー300PSを発生するターボ付きの2リッター直4直噴エンジンで、7段DCTと組み合わされている。

メルセデスAMG車特有のツインブレードを備えたフロントグリルやルーフスポイラー、大型のリアディフューザーなど一部に専用のコスメティックが施されてはいるものの、雰囲気は比較的おとなしく「羊の皮をかぶった狼」というフレーズが思い浮かぶ仕上がりだ。

ただし、発表記念の特別仕様車として設定された「エディション1」には、ウイング状のルーフスポイラーやサイドデカール、フリック付きフロントバンパーなどの専用アイテムのほか、標準モデル比で1インチ増しとなる19インチサイズのタイヤとホイールなどが与えられ、より派手なルックスを好む顧客のニーズにも対応している。

一方、すでに発表済みのトップバージョンである最高出力421PSを誇る「A45 S 4MATIC+」の場合とは異なり、搭載される心臓の組み立てはAMG流儀の“ワンマン・ワンエンジン”ではなく、メルセデスの量産工程内で行われている。高いパフォーマンスを売り物としながらもそれ一辺倒ではなく、コストも重視する姿勢がこのあたりから読み取れる。

テストドライブを行ったのは、ヘッドアップディスプレイや10スピーカーのオーディオなどから構成される「AMGアドバンストパッケージ」や、より立体的なバケット形状のフロントシートや電子制御式の可変減衰力ダンパーなどからなる「AMGパフォーマンスパッケージ」、さらにはテレビ機能付きのオンライン地図更新機能付きナビゲーションシステムや、パノラミックスライディングルーフなどのオプションアイテムを装着したモデルだった。

「AMG A35 4MATIC」は、ボディーサイズ=全長×全幅×全高=4440×1800×1410mm、ホイールベース=2730mm、車重=1590kgと発表されている。
「AMG A35 4MATIC」は、ボディーサイズ=全長×全幅×全高=4440×1800×1410mm、ホイールベース=2730mm、車重=1590kgと発表されている。拡大
搭載される2リッター直4ターボエンジン「M260」はいわゆるAMG謹製の“ワンマン・ワンエンジン”ではないが、最高出力306PS、最大トルク400N・mという実力を持つ。WLTCモードの燃費値は12.2km/リッター。
搭載される2リッター直4ターボエンジン「M260」はいわゆるAMG謹製の“ワンマン・ワンエンジン”ではないが、最高出力306PS、最大トルク400N・mという実力を持つ。WLTCモードの燃費値は12.2km/リッター。拡大
試乗車は、前後235/40ZR18 サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤを装着していた。ブレーキは、ドリルドベンチレーテッドタイプのディスクにAMGのロゴ入りキャリパーが組み合わされている。
試乗車は、前後235/40ZR18 サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤを装着していた。ブレーキは、ドリルドベンチレーテッドタイプのディスクにAMGのロゴ入りキャリパーが組み合わされている。拡大
バンパー下部のディフューザーに組み込まれる形で、左右に振り分けられたエキゾーストパイプ。走行モードによって、排気音質やボリュームが変化する。
バンパー下部のディフューザーに組み込まれる形で、左右に振り分けられたエキゾーストパイプ。走行モードによって、排気音質やボリュームが変化する。拡大

日常使いもこなせる仕上がり

前述のように、一見すると比較的おとなしいこのモデルのルックスを眺めた後、まずはドライブモードで「コンフォート」を選択し走り始める。乗り味はそうした見た目とかけ離れることなく、「普通のAクラスよりもちょっと足が固い程度かな」というのが第一印象となった。

率直なところ、それでも路面の凹凸を拾った際の揺すられ感はややあり、状況によっては多少“突っ張り気味”と感じられる場面もあった。とはいえ、日常シーンで用いるにも我慢がならないほどではなく、「これならばたとえ通勤に使うにも、十分許せる」という程度の仕上がりになっている。

DCTを採用しながら、微低速シーンでもギクシャクすることなくすこぶる滑らかな加減速が実現されていたのも、そうした印象に拍車をかけた。ただし、これはあくまでも前述したオプションのAMGパフォーマンスパッケージに含まれている「AMGライドコントロールサスペンション」を装着したモデルの場合だ。未装着状態での印象は、残念ながら未知数である。

一方、先代「A45 4MATIC」のアイテムを譲り受けたというブレーキシステムがもたらすフィーリングは、日常シーンでも十分その恩恵を受けられる秀逸さだ。特に剛性感に富み、コントロール性にも優れたペダルタッチは、「普通のAクラス」に確実に差をつけた部分でもあった。

そんなコンフォートモードでの印象に対し、このモデルの走りの真骨頂というべきはもちろん、5つのポジションが用意される中にあって最もホットな「スポーツプラス」モードを選択した場面。そこでは、スパイシーな走行テイストが一気に高まることになるのだ。

シリーズトップの「A45 S 4MATIC+」に比べればおとなしい印象のルックスだが、「AMG A35 4MATIC」の足まわりはことのほか締まっており、シャープなハンドリングが味わえる。
シリーズトップの「A45 S 4MATIC+」に比べればおとなしい印象のルックスだが、「AMG A35 4MATIC」の足まわりはことのほか締まっており、シャープなハンドリングが味わえる。拡大
ヘッドアップディスプレイは、「AMGアドバンスドパッケージ」に含まれるオプション。表示情報を任意に選択できるようになっている。
ヘッドアップディスプレイは、「AMGアドバンスドパッケージ」に含まれるオプション。表示情報を任意に選択できるようになっている。拡大
標準装備のフロントシートもヘッドレスト一体型のデザインだが、オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択すれば、サイドサポート部分の張り出しが大きいスポーティーなデザインのシート(写真)が装備される。
標準装備のフロントシートもヘッドレスト一体型のデザインだが、オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択すれば、サイドサポート部分の張り出しが大きいスポーティーなデザインのシート(写真)が装備される。拡大
リアシートの背もたれは40:20:40分割可倒機能を有す。フロントシートも含め表皮は、写真のクラシックレッド/ブラックまたは、チタニウムグレー/ブラックの2パターンから選択できる。
リアシートの背もたれは40:20:40分割可倒機能を有す。フロントシートも含め表皮は、写真のクラシックレッド/ブラックまたは、チタニウムグレー/ブラックの2パターンから選択できる。拡大
 
「A35 4MATIC」の4WDは、前後100:0~50:50の駆動力可変配分システムを採用。コーナーの立ち上がりでは、路面が多少ぬれていても安定感ある加速が味わえた。
「A35 4MATIC」の4WDは、前後100:0~50:50の駆動力可変配分システムを採用。コーナーの立ち上がりでは、路面が多少ぬれていても安定感ある加速が味わえた。拡大
オプションの「AMGパフォーマンスステアリング」には、「AMG DYNAMIC SELECT」と呼ばれる走行モード切り替えスイッチがステアリングホイール右下に、サスペンションやESPの切り替えスイッチが左下に備わる。
オプションの「AMGパフォーマンスステアリング」には、「AMG DYNAMIC SELECT」と呼ばれる走行モード切り替えスイッチがステアリングホイール右下に、サスペンションやESPの切り替えスイッチが左下に備わる。拡大
10.25インチの液晶ディスプレイが2枚並べて配置される「A35 4MATIC」のメーターパネル。ステアリングスイッチの切り替えによって、AMG専用となるメーターデザインも表示可能だ。
10.25インチの液晶ディスプレイが2枚並べて配置される「A35 4MATIC」のメーターパネル。ステアリングスイッチの切り替えによって、AMG専用となるメーターデザインも表示可能だ。拡大
荷室容量は5人乗車の通常使用時で370リッター。後席バックレストをすべて前方に倒した状態(写真)では、容量は最大1210リッターにまで拡大できる。
荷室容量は5人乗車の通常使用時で370リッター。後席バックレストをすべて前方に倒した状態(写真)では、容量は最大1210リッターにまで拡大できる。拡大
試乗車の外装色「デジタルホワイト」のほか、無償/有償合わせて「AMG A35 4MATIC」のボディーカラーは、全9色が設定されている。
試乗車の外装色「デジタルホワイト」のほか、無償/有償合わせて「AMG A35 4MATIC」のボディーカラーは、全9色が設定されている。拡大

ハンドリングはシャープ

ステアリングホイールに付けられたドライブコントロールスイッチを回し「スポーツプラス」のモードを選択すると、走り始めるまでもなくその効果はすぐに実感できる。それまで700rpmほどを示していたタコメーターの針が一気に300rpmほど跳ね上がり、吐き出されるサウンドも迫力を増して、アイドリング状態にしてすでに勇ましさを演じるようになるからだ。

アグレッシブなサウンドを耳にしながらスタートすると、即座に感じられるのは路面上の小石を拾ったことすら細かく伝える、ハード化されたサスペンションのセッティングだ。同時に、シフトスピードが大幅に高められたことも、変速時のショックが増したことから教えられる。

ツインスクロール式のターボチャージャーを用いることで、より広い領域での扱いやすさを狙ったエンジンだが、それでも本格的なパワーゾーンは3000rpmをクリアしてから。決して“どっかんターボ”というわけではないが、アクセルオンと同時の瞬発力を望むのであれば、この回転数はクリアしておきたいもの。そこから6000rpm付近までが、この心臓の真のスイートスポットだ。

わずか4.7秒という0-100km/h加速タイムも示すように、絶対的な速さにはもはや何の不足もない。ただし、“演出上”の観点からすれば、レッドラインの6500rpmを前にしてオートシフトアップ機能が明確に働き、高いギアへとバトンタッチされてしまうのはちょっと物足りない。

公道上でのテストドライブゆえハンドリングの限界点は探るべくもなかったが、600kg強という後輪荷重に対して大幅に重い1tにも迫る前輪荷重であっても、“頭でっかち”的なバランスの悪さは皆無。むしろターンイン時のシャープさが強く印象に残り、「FFレイアウトに由来するマイナス面は全く意識させられない」とさえ思える。

しかし、“35”にしてここまでのポテンシャルの持ち主となると、162万円が上乗せされる“45”では一体どんなことになるのか!? そんなことが気にもなってくるメルセデスのスーパーホットハッチなのである。

(文=河村康彦/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

テスト車のデータ

メルセデスAMG A35 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1800×1410mm
ホイールベース:2730mm
車重:1590kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:306PS(225kW)/5800-6100rpm
最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/3000-4000rpm
タイヤ:(前)235/40ZR18 95Y/(後)235/40ZR18 95Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
燃費:12.2km/リッター(WLTCモード)
価格:628万円/テスト車=760万3000円
オプション装備:メタリックペイント<デジタルホワイト>(7万円)/ナビゲーションパッケージ(18万7000円)/AMGアドバンストパッケージ(35万円)/AMGパフォーマンスパッケージ(55万円)/パノラミックスライディングルーフ<はさみ込み防止機能付き>(16万6000円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:568km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

メルセデスAMG A35 4MATIC
メルセデスAMG A35 4MATIC拡大
 
メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。