技術革新から新デザインが生まれる期待

というのは、この先さまざまな進化の可能性が予想されるからだ。

クローズドボディーに装着できるガラスルーフの面積は、技術革新によってより広くなり、さらに軽くなるだろう。普及が進めば価格低減効果も期待できる。したがって、オープンに近い車内の開放感を求めるユーザーを、より満足させることができるようになる。ルーフに透明樹脂が活用されるようになれば、重量増の問題もクリアできる。

やがて完全自動運転車の時代になれば、車室内を囲むディスプレイに、別の風景を投影することも可能になるかもしれない。

実際に旅客機の世界では2014年、英国の技術開発機関センターフォープロセスイノベーション(Cpi)が、有機ELディスプレイを客室内に貼り巡らせて空の映像を投影する、窓のない機体を提案している。

それを応用すれば、東京の都心を走るときには“バーチャル車窓”に江戸の風景を映し出し、ローマを走るときはベン・ハーの馬車と並走……などということも可能になる。

オープンモデルとは別次元のファン・トゥ・ドライブが実現するのである。

その頃には、ステアリングやペダルなどの操作系が不要になり、車内のレイアウトが画期的に変わるだろう。ラゲッジスペースの位置もかなり自由になり、従来のどれにも属さない、新しいボディースタイルが誕生するかもしれない。

2020年、米国でいよいよステアリングなしの自動運転車の実証実験が開始されるのは、その一歩と考えたい。

従来とはまったく違ったパッケージング、そしてスタイルのカテゴリーが誕生する兆しが見えてきた。その頃の「かっこよく走ってよ」とは、どういう定義なのか興味深いではないか。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、Cpi/編集=藤沢 勝)

トルコ工場製の2代目「フィアット・ティーポ」は、2015年にイタリアで最初にセダンから投入されたが、今日は5ドアやワゴンのほうが見かける。
トルコ工場製の2代目「フィアット・ティーポ」は、2015年にイタリアで最初にセダンから投入されたが、今日は5ドアやワゴンのほうが見かける。拡大
2代目「フィアット・ティーポ セダン」のリアスタイル。
2代目「フィアット・ティーポ セダン」のリアスタイル。拡大
Cpiが考えるウィンドウレス旅客機。軽量・薄型の有機ELディスプレイを張り巡らせる。内装部品を減らせることから軽量効果も期待できるという。
Cpiが考えるウィンドウレス旅客機。軽量・薄型の有機ELディスプレイを張り巡らせる。内装部品を減らせることから軽量効果も期待できるという。拡大
現行のロールス・ロイス車に用意されている、LED照明による「スターライトヘッドライナー」は、プロジェクター的な窓を持つ未来のクルマの、プリミティブな姿かもしれない。
現行のロールス・ロイス車に用意されている、LED照明による「スターライトヘッドライナー」は、プロジェクター的な窓を持つ未来のクルマの、プリミティブな姿かもしれない。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事