第159回:ビバ! ポンコツ147

2020.01.21 カーマニア人間国宝への道

激安イタ車に魅せられて

アルファ・ロメオを愛するカーマニアにとって、何を買ったらいいのか難しい時代になったが、激安で気軽にイタ車を楽しもうと思ったら、数少なくなった「アルファ147」のMT車をゲットするしかないというのは、ひとつの真実と言えようか。

私の身近に、それを実行している男がいる。『週刊SPA!』の私の連載『SPA! AUTOCLUB』の担当Kである。

彼はもともと、中古アウディを2台乗り継ぐ質実剛健な青森県人だった。しかし5年前、私からポンコツ147をタダで譲られたことでカーライフが激変。以後、激安イタ車を愛する変態に成長した。

当初は、「激安イタ車なんて怖すぎる!」と思っていた彼も、私から伝授された「イタ車はポンコツほど尊敬される」とか「イタ車は故障が自然治癒する(こともある。特に電気系)」とか「オイル漏れは治そうと思うな、つぎ足せ」とか「とにかく細かいことは気にすんな!」といった奥義を徐々に体得し、今では激安イタ車をなるべく激安で延命させることが生きがいになった。

ただ、私が譲った147は、2年ほど前、15万kmを目前にして廃車になった。ダンパーは完全に抜け切ってコーナーで外側の前輪がタイヤハウス内側に干渉、超強力な外輪ブレーキングアンダーステアを発生させるようになり、クラッチやブレーキパッドの余命もわずかとなって、交換パーツ代で激安車が買えるレベルに達したため、涙の別れとなったのであった。

その後1年半ほど、これまた0円で譲られた先代「パンダ」に乗っていたが、昨年冬、通りかかった中古車店で見かけた28万円のアルファ147に一目ぼれ。その場で購入を決めたという。

イタリア車を、そしてアルファ・ロメオを愛するカーマニアとしては、「なぜまた147!?」という思いは湧く。「GTA」ならともかく、フツーの147ツインスパークはあくまで“薄味のアルファ・ロメオ”なのだから。

しかし彼にとっては初めてのイタ車が147であり、ヒヨコがニワトリの後を追うように、それが初恋の女神様になってしまった。

『週刊SPA!』の担当Kと彼の愛車「アルファ147」。
『週刊SPA!』の担当Kと彼の愛車「アルファ147」。拡大
担当Kが購入した「アルファ147」。
担当Kが購入した「アルファ147」。拡大
筆者が担当Kに譲った「147」。当然ながら見た目は変わらない。
筆者が担当Kに譲った「147」。当然ながら見た目は変わらない。拡大
担当Kの「147」のエンブレムはハゲハゲ。
担当Kの「147」のエンブレムはハゲハゲ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第159回:ビバ! ポンコツ147 2020.1.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第159回は「ビバ! ポンコツ147」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるアルファ・ロメオ車とは? 30万円以下で購入した中古モデルで、シアワセなカーライフを送っている、あるクルマ好きの生態に迫る。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
ホームへ戻る