第160回:ローマが800万円になる日

2020.01.28 カーマニア人間国宝への道

「フェラーリ・ローマ」は“買い”か?

昨2019年11月、フェラーリがまたまたニューモデルを発表した。今度の車名は「ローマ」だ。

近年のフェラーリは、目が回るほど多くのニューモデルを出しているが、その多くがわれわれ庶民系フェラーリファンとは縁がなさそうで、あまり関心を持っていなかった。

しかしローマは、写真を見てビックリ!

「これ、いいじゃないか!」

近年のフェラーリはとにかくデザインが煩雑で、パネル面にはこれでもかとばかりにエグリやビラビラが並び、ディテールもくどいくどい。ところがローマは、特にサイドがスポーンと抜けてて実にシンプル。ディテールはモダン&クリーン。全体に60年代のFRフェラーリを思わせるエレガンスがある! 見た瞬間、これだったら欲しいかもと思ってしまいました。

ところでこれ、いったいどういう位置付けのクルマなの? と思ったら、「ポルトフィーノ」のクーペ版なんですね。

それにしてはポルトフィーノとはまるでスタイリングが違う。ポルトフィーノは「カリフォルニア」のハッテン形で、サイドにはよくわからないエグリが刻まれ、顔は「プジョー407」だ。でもローマはアレとは似ても似つかない美しさやないけ!

フェラーリデザインセンターは、ホンダ同様、これまでのゴテゴテデザインを反省してシンプル路線に回帰したんでしょうか!? これはフェラーリの「ホンダe」なんでしょうか!

これがおいくらまんえんくらいかと申しますと、本国価格が20万ユーロを少し超えるくらいだそうです。日本円だと約2500万円。日本向けは2800万円とかそれくらい? 最近のフェラーリとしてはかなりお安いし、この価格でこのデザインなら“買い”かもしれん!

「フェラーリ・ローマ」は2+2の新型FRスポーツモデル。最高出力620PS、最大トルク760N・mの3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
「フェラーリ・ローマ」は2+2の新型FRスポーツモデル。最高出力620PS、最大トルク760N・mの3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。拡大
エクステリアは、1950~1960年代のローマで見られたドルチェヴィータ(華やかで自由気ままな生き方)の世界観を現代流に解釈し直したデザインが特徴となっている。
エクステリアは、1950~1960年代のローマで見られたドルチェヴィータ(華やかで自由気ままな生き方)の世界観を現代流に解釈し直したデザインが特徴となっている。拡大
リアウィンドウに組み込まれた可動式のリアスポイラーも特徴的。
リアウィンドウに組み込まれた可動式のリアスポイラーも特徴的。拡大
エレガントでボリューム感を感じさせるリアビュー。
エレガントでボリューム感を感じさせるリアビュー。拡大
「ローマ」は、写真の「ポルトフィーノ」をベースとしながらも、見た目の印象はだいぶ違う。
「ローマ」は、写真の「ポルトフィーノ」をベースとしながらも、見た目の印象はだいぶ違う。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る