「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場

2020.01.30 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ ルコックスポルティフ
ルノー・トゥインゴ ルコックスポルティフ拡大

ルノー・ジャポンは2020年1月30日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ルコックスポルティフ」を設定し、予約受け付けを開始した。発売は同年3月5日を予定している。

 
「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場の画像拡大

ルコックスポルティフは、130年以上の歴史を持つフランス最古の総合スポーツ用品メーカーであり、サッカーやサイクリング、テニス、ラグビーなどのスポーツ用品を手がけるとともに、ルノー F1チームのオフィシャルサプライヤーも務めている。

今回のモデルはトゥインゴとルコックスポルティフのコラボレーションモデルの第2弾にあたり、ボディーカラーには第1弾と同じ「ブラン クオーツM」(白)に加え、新たに「グリ リュネールM」(グレー)を用意。専用のサイドストライプデカールや赤いドアミラー、専用デザインの16インチアロイホイールなども特徴となっている。

また前席シートヒーターや、バックソナー、リアカメラ、4スピーカー+サブウーハーなどの装備が標準で採用されている。

販売台数はブラン クオーツMが100台、グリ リュネールMが100台の計200台。価格は214万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビュー 2020.3.6 自動車ニュース 仏ルノーは2020年2月24日、コンパクトなEV「トゥインゴZ.E.」の概要を発表した。乗車定員や荷室の容量はガソリン車の「トゥインゴ」と変わらず、一充電あたり215kmの航続可能距離を実現している。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
ホームへ戻る