クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スマートEQフォーツー(RWD)/フォーツーカブリオ(RWD)/フォーフォー(RWD)

足るを知る 2020.02.07 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。

すべてのスマートがBEVに

メルセデス・ベンツの電動化推進を象徴するサブブランド、EQ。2代目からBEVを用意していたスマートに、その冠を頂くスマートEQがデビューしたのは2018年のジュネーブモーターショーでのことだった。

そして、同時にその場で発表されたのが「2020年モデル以降のスマートはすべてのモデルをBEV化する」という施策だ。翌2019年の春には日本市場でも内燃機関(ICE)モデルとしては最後となる限定車が発売された。そして同年のフランクフルトモーターショーで発表されたのが3代目のマイナーチェンジ版となるスマートEQだ。つまりこの新しいデザインのスマートは全車全量がBEVということになる。

日本にも2020年秋ごろの導入が予定されている最新のスマートEQは、フロントグリルの形状や位置、前後灯火類の意匠でこれまでと差異化が図られるほか、グレードに応じてLEDヘッドライトの装着が可能となっている。

ちなみにグリル形状はフォーツーが下すぼみ、フォーフォーが裾広がりと差別化が図られている。そして内装面ではセンターコンソール部の意匠が変更され、8インチのタッチパネルインフォテインメントシステムを採用。その下部にはスマートフォンがゆったり置けるトレー型の小物入れも追加された。

スマートEQの最新ラインナップ。左から順に「フォーツーカブリオ」「フォーツー」「フォーフォー」。どのボディータイプであっても、搭載されるパワーユニットは同一である。
スマートEQの最新ラインナップ。左から順に「フォーツーカブリオ」「フォーツー」「フォーフォー」。どのボディータイプであっても、搭載されるパワーユニットは同一である。拡大
2人乗りとなる「フォーツー」のボディーサイズは全長×全幅×全高=2695×1663×1555mm、ホイールベース=1873mm。これはガソリンエンジン搭載車と同一となるもの。0-60km/h加速が4.8秒、0-100km/h加速が11.6秒というパフォーマンスが発表されている。
2人乗りとなる「フォーツー」のボディーサイズは全長×全幅×全高=2695×1663×1555mm、ホイールベース=1873mm。これはガソリンエンジン搭載車と同一となるもの。0-60km/h加速が4.8秒、0-100km/h加速が11.6秒というパフォーマンスが発表されている。拡大
家庭用200V・15Aの普通充電器を使用した場合、約8時間で満充電が完了。三相充電が可能であれば、電池残量10%の状態から40 分以下で80%まで充電できるという。
家庭用200V・15Aの普通充電器を使用した場合、約8時間で満充電が完了。三相充電が可能であれば、電池残量10%の状態から40 分以下で80%まで充電できるという。拡大

コネクティビティーを重視

新しいスマートEQが強化したのはコネクティビティーの領域だ。件(くだん)のインフォテインメントシステムはApple CarPlayやAndroid Autoとの連携はもちろん、新たに開発された「スマートEQコントロールアプリ」を用いれば、充電状態や走行可能距離などの車両情報を手持ちのスマートフォンやApple Watchでも確認できるほか、充電状態であれば車内空調の遠隔操作なども可能となっている。

また、スマートEQは「スマートラブ」というダイムラーの都市モバイルサービスにも対応しており、「Ready to」アプリを介して充電ステーションへの誘導や予約、盗難時の探知や位置情報の通報、さらには愛車のシェアリングをオペレートすることも欧州主要国では可能となっているほか、ドイツではシェアリングに料金を設定し、オーナーの収入とする機能も既に運用が開始されている。

ちなみに日本仕様ではReady toアプリは非対応、スマートEQコントロールアプリの対応も不明とのこと。一方、スマートフォン連携のインフォテインメントシステムは採用される予定で、ローカライズされた車載のナビソフトによる、充電器設置ポイントの検索や誘導などの機能も加えられるもようだ。

スマートEQが搭載するバッテリーは「メルセデス・ベンツEQC」と同じく、ダイムラー傘下となるドイツのアキュモーティブ社製で、容量はフォーツー、フォーフォーともに17.6kWh。リアマウントされるモーターも共通で最大トルクは160N・m、最高出力は81.5PS、定常走行などで要求される連続出力は55.7PSとなる。

動力性能の一端を示す0-100km/h加速タイムはフォーツーで11.6秒、フォーフォーで12.7秒と凡庸だが、注目すべきは0-60km/h加速だ。フォーツーは4.8秒、フォーフォーで5.2秒と、「日産リーフ」や「フォルクスワーゲン・ゴルフGTE」辺りと比べても遜色のない、いかにもBEVらしい瞬発力を示すものといえるだろう。ちなみに最高速は130km/hとアウトバーンの推奨速度には達している。

「スマートEQコントロールアプリ」を使用し、車両の充電状態や可能走行距離などの情報を手持ちのスマートフォンなどで確認できる。
「スマートEQコントロールアプリ」を使用し、車両の充電状態や可能走行距離などの情報を手持ちのスマートフォンなどで確認できる。拡大
「フォーツーカブリオ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=2695×1663×1555mm、ホイールベース=1873mmで、クーペモデルと同一。車重はクーペモデルが1095kgであるの対して、30kg重い1125kgとなっている。
「フォーツーカブリオ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=2695×1663×1555mm、ホイールベース=1873mmで、クーペモデルと同一。車重はクーペモデルが1095kgであるの対して、30kg重い1125kgとなっている。拡大
「フォーツーカブリオ」のインテリア。新たに8インチサイズのタッチパネル式ディスプレイが組み込まれ、センターコンソールもリニューアルされている。
「フォーツーカブリオ」のインテリア。新たに8インチサイズのタッチパネル式ディスプレイが組み込まれ、センターコンソールもリニューアルされている。拡大
「フォーツーカブリオ」のソフトトップは、従来型と同様に手動で開け閉めを行う。BEV化に合わせ、3モデルともリアコンビネーションランプのデザインが三角形をモチーフとしたものに変更された。
「フォーツーカブリオ」のソフトトップは、従来型と同様に手動で開け閉めを行う。BEV化に合わせ、3モデルともリアコンビネーションランプのデザインが三角形をモチーフとしたものに変更された。拡大

MaaS領域での利用も視野に

一方で気になるのは航続距離だが、こちらはNEDCモード値で一充電あたりフォーツーが147~159km、フォーフォーが140~153kmとなっている。満充電までの時間は日本の家庭用200V・15Aの普通充電器を使用した場合で約8時間。昨2019年辺りからは200V・30Aに対応した6kWの普通充電器も発売され始めたが、一般家庭ではエアコンや電子レンジなど他の家電との兼ね合いも含めて電力契約の変更を迫られる事例もあるだろうから、多くの場合は夜間電力を用いて寝ている間に充電というのが主な使い方になると思う。

スマートEQで興味深いのは、Comboなどの普及型急速充電に対応していないことだ。つまり日本のCHAdeMOにも非対応ということになる。オプションでは産業用の三相電源に対応した22kWの充電器が用意されるが、基本は普通充電での使用を想定しているというわけだ。

この点を担当者に尋ねると、まず17.6kWhの電池はスマートのボディーサイズ的にパツパツの体積であるとともに、大半の人々が日常的な移動距離をカバーできる容量で、仮にこれ以上搭載したとしても重量や価格などもろもろの均衡が一気に崩れることになり、そのギリギリの線でもあるということだった。

それを前提に、このパッケージならグリッドに多大な負荷を掛けることもなく家庭用電源でも扱いやすく、さらには太陽光などの再生可能エネルギーの受け皿としても適切と、電気の多様性を大切にできるというメリットがあるという。

同門にEQCがある以上、それはダブルスタンダードではないかという意見もあるだろうが、ダイムラーとしてはファーストカーとしてのBEVの可能性をEQCに託し、スマートEQは既に実現しているシェアリングなどMaaS領域での利用も視野に入れつつ、シティーコミューターとしての適性をより引き上げるためにBEVシフトしたと見るのが自然だろう。

「フォーツー」の荷室容量はガソリンエンジン車と変わらず260~350リッター。従来通りハッチゲートの上部ガラス部分は上ヒンジで、下部パネルは下ヒンジで開く。
「フォーツー」の荷室容量はガソリンエンジン車と変わらず260~350リッター。従来通りハッチゲートの上部ガラス部分は上ヒンジで、下部パネルは下ヒンジで開く。拡大
「フォーツー」のインストゥルメントパネル。ダッシュボード中央に位置するディスプレイは従来の7インチから8インチへと大型化されたが、内装の基本デザインはガソリンエンジン車を踏襲している。
「フォーツー」のインストゥルメントパネル。ダッシュボード中央に位置するディスプレイは従来の7インチから8インチへと大型化されたが、内装の基本デザインはガソリンエンジン車を踏襲している。拡大
メーター内のディスプレイに、バッテリーの残量や航続可能距離などが表示される。メーターの外周に沿ったデザインの速度計は160km/hスケールだが、最高速度は130km/hと発表されている。
メーター内のディスプレイに、バッテリーの残量や航続可能距離などが表示される。メーターの外周に沿ったデザインの速度計は160km/hスケールだが、最高速度は130km/hと発表されている。拡大
スペイン・バレンシアでステアリングを握った「フォーツー」の試乗車には、前185/50R16、後ろ205/45R16サイズの「コンチネンタル・コンチエココンタクト5」タイヤが装着されていた。
スペイン・バレンシアでステアリングを握った「フォーツー」の試乗車には、前185/50R16、後ろ205/45R16サイズの「コンチネンタル・コンチエココンタクト5」タイヤが装着されていた。拡大

ミニマイズされた暮らしのシンボル

ICE時代からBEVへと変わって進化したのは音・振動まわり……というのは当たり前すぎる話だが、ドライバビリティーそのものに著しい差はない。逆に言えばBEVだからと張り切ってその特性を誇示するようなセットアップはむしろ抑え、万人がいたってスムーズに扱えるものになっているということだ。走り始めのスロットルのしつけ具合や、回生~油圧のブレーキタッチなどが、きれいに整えられているところには感心させられた。

動力性能的には都市部で多用する30~90km/h辺りの中間加速域で160N・mの力強さを十分に感じさせる一方、100km/h向こうから130km/hの最高速付近までは加速力が鈍るという印象で、この辺りの味付けもシティーコミューターとしてブレがない。

フォーフォーはその重量分もあってパフォーマンスは平穏なぶん乗り心地は向上している一方、フォーツーはこの中間加速をうまくキャラクターに転化して実に小気味よく走るが乗り心地は気持ち跳ね気味と、乗り味的には両車の差異がやや明確化している。

BEVを取り巻く現状と今後の展望を鑑みるに、社会貢献の意志をもってそれを生活に採り入れる上で抱いておくべきマインドは「足るを知る」だと常々思う。普段、どこまでの仕事をクルマに期待し担わせているか。それを考えればスマートEQという選択肢がクレバーなものに見えてくるという家庭もあるだろう。借家風情で邪心に満ちた自分ではこのクルマを囲うことは難しく、それゆえにスマートEQは心豊かに暮らしをミニマイズできる方々のシンボルとしてまぶしく映ってしまう。

(文=渡辺敏史/写真=ダイムラー/編集=櫻井健一)

最新モデルの登場に合わせて設定された「フォーフォー エディション1」。ボディーサイドのデカールや16インチサイズの「ブラバス・モノブロックXI」ホイールなどが専用装備として採用されている。同仕様の「フォーツー」および「フォーツーカブリオ」もラインナップする。
最新モデルの登場に合わせて設定された「フォーフォー エディション1」。ボディーサイドのデカールや16インチサイズの「ブラバス・モノブロックXI」ホイールなどが専用装備として採用されている。同仕様の「フォーツー」および「フォーツーカブリオ」もラインナップする。拡大
「フォーフォー エディション1」のインテリア。シフトノブや「EDITION ONE」のロゴ入りフロアマットが専用のブラバス仕様となる。
「フォーフォー エディション1」のインテリア。シフトノブや「EDITION ONE」のロゴ入りフロアマットが専用のブラバス仕様となる。拡大
「フォーフォー」の後席では、従来のガソリンエンジン車と変わらない居住性が確保されている。特徴的なリアドアの内張りデザインは、フロントドアに準じたものだ。
「フォーフォー」の後席では、従来のガソリンエンジン車と変わらない居住性が確保されている。特徴的なリアドアの内張りデザインは、フロントドアに準じたものだ。拡大
「フォーフォー」の一充電あたりの走行可能距離は、「フォーツー」よりも若干短い140~153kmと発表されている。
「フォーフォー」の一充電あたりの走行可能距離は、「フォーツー」よりも若干短い140~153kmと発表されている。拡大
スマートEQフォーツー
スマートEQフォーツー拡大

テスト車のデータ

スマートEQフォーツー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2695×1663×1555mm
ホイールベース:1873mm
車重:1095kg
駆動方式:RWD
モーター:交流同期電動機
最高出力:81.5PS(60kW)
最大トルク:160N・m(16.3kgf・m)
タイヤ:(前)185/50R16/(後)205/45R16(コンチネンタル・コンチエココンタクト5)
一充電最大走行可能距離:147~160km(NEDCモード)
交流電力量消費率:16.5-15.2kWh/100km(6.0-6.5km/kWh、NEDC複合モード)
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:--年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力量:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh

スマートEQフォーツーカブリオ
スマートEQフォーツーカブリオ拡大

スマートEQフォーツーカブリオ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2695×1663×1555mm
ホイールベース:1873mm
車重:1125kg
駆動方式:RWD
モーター:交流同期電動機
最高出力:81.5PS(60kW)
最大トルク:160N・m(16.3kgf・m)
タイヤ:(前)185/50R16/(後)205/45R16(コンチネンタル・コンチエココンタクト5)
一充電最大走行可能距離:145~157km(NEDCモード)
交流電力量消費率:16.8-15.4kWh/100km(5.9-6.4km/kWh、NEDC複合モード)
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:--年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力量:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh

スマートEQフォーフォー エディション1
スマートEQフォーフォー エディション1拡大

スマートEQフォーフォー エディション1

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3495×1665×1554mm
ホイールベース:2494mm
車重:1200kg
駆動方式:RWD
モーター:交流同期電動機
最高出力:81.5PS(60kW)
最大トルク:160N・m(16.3kgf・m)
タイヤ:(前)185/50R16/(後)205/45R16(コンチネンタル・コンチエココンタクト5)
一充電最大走行可能距離:140~153km(NEDCモード)
交流電力量消費率:17.3-15.9kWh/100km(5.7-6.2km/kWh、NEDC複合モード)
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:--年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力量:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スマート フォーツー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。