185万円で買える中古車とは?

私が欲しくなったのは、デニムブルー&ガンメタの2トーンカラーの「Xターボ」(FF)。車両本体価格は約161万円である。この価格、「N-BOX」をはじめとするハイトワゴン系に比べると20万円くらい安い。でも、これに2トーンカラーと約18万円のナビとフツーのETCを付けると、約185万円になる。

185万円……。

185万円出して新車のハスラーを買うならば、他にもっといろいろ買えるクルマがあると考えてしまうのが、カーマニアというものではないだろうか。

最初に思い浮かんだのは、同じスズキの「スイフトスポーツ」(中古)だった。私が心底ホレ込んで、「スイスポを国民車に!!」キャンペーンを張ったほどの傑作だ。

が、中古車サイトを検索してみると、現行型スイスポは最安で約160万円。すでにナビなどの装備は付いてるので、ハスラーの新車よりは安いけれど、新車のスイスポは187万円(6MT)~194万円(6AT)。なら中古より新車がイイ! つーか、中古がもうちょっと安くなるまで待ちたくなる。

スイスポがダメなら逆転の発想で、遠いアコガレの高級激安中古車を探してみよう。

私が長らくアコガレているクルマ。それは現行型「ジャガーXJ」である。

イアン・カラムによるあのデザインは、登場から10年を経た今でも本当にスゲエ。ハスラーもスゲエがXJも超スゲエ。あれこそセレブ! あのセレブセダンがハスラーと同じくらいのお値段で買えないものでしょうか? そう考えただけでドキドキしてくるぜ!

「ハスラー」の車両本体価格は136万5100円~。写真の車体色は、デニムブルーメタリックとガンメタリックの2トーン。
「ハスラー」の車両本体価格は136万5100円~。写真の車体色は、デニムブルーメタリックとガンメタリックの2トーン。拡大
「ハスラー」は全車にマイルドハイブリッドを搭載。写真の車体色は、バーミリオンオレンジとガンメタリックの2トーン。
「ハスラー」は全車にマイルドハイブリッドを搭載。写真の車体色は、バーミリオンオレンジとガンメタリックの2トーン。拡大
「スズキ・スイフトスポーツ」の新車の車両本体価格は187万円~194万1500円。セーフティパッケージ装着車、セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車では、200万円以上になるものも。(写真=webCG)
「スズキ・スイフトスポーツ」の新車の車両本体価格は187万円~194万1500円。セーフティパッケージ装着車、セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車では、200万円以上になるものも。(写真=webCG)拡大
「ジャガーXJ」の新車の車両本体価格は1170万円~。
「ジャガーXJ」の新車の車両本体価格は1170万円~。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD) 2019.12.24 画像・写真 軽クロスオーバーのパイオニア「スズキ・ハスラー」が2代目にモデルチェンジ。従来モデルから刷新された内外装のデザインや、機能性が高められた車内空間、インフォテインメントシステムをはじめとした新装備など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • 新型「スズキ・ハスラー」発表会の会場から 2019.12.24 画像・写真 いよいよフルモデルチェンジされたスズキの軽クロスオーバー「ハスラー」。2代目となる新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? その“見どころ”や、取り入れられた新技術の数々を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
ホームへ戻る