メルセデス・ベンツG350d(後編)

2020.02.13 谷口信輝の新車試乗 クリーンディーゼルの新型「メルセデス・ベンツGクラス」に試乗した谷口信輝は、思わず「すっごくいい」とつぶやいた。パワーもフィーリングも申し分ないというエンジン以外に、何が好印象に結びついたのか?

移動の距離にもよるけれど

ディーゼルエンジンとは思えない滑らかな回転フィールと力強いトルク感を生み出すメルセデスベンツG350dにすっかり魅せられてしまった様子の谷口信輝。では、そのシャシー性能はどうだったのか? 後編はまずこの話題から掘り下げてみることにしよう。
「コーナリングはフツーですね。もちろん、このフツーというのはボクにとっての褒め言葉なんですが。とにかくハンドリングにはなんの不満もありません。先代に比べると、すさまじい進化ですね」

新型Gクラスを高く評価する谷口だが、初代Gクラスはかなり手厳しく酷評していた。その理由のひとつがハンドリングで、操舵してからひと呼吸おかないとターンインを始めないそのレスポンスの悪さに強い不満を抱いている様子だった。
「そうそう。以前はハンドルを左右に揺すってもクルマはそのまま真っすぐ進んでいきましたからね(笑)」

それが見違えるように改善されたのだから、谷口が新型Gクラスをベタ褒めするのも当然といえるかもしれない。
「いまはハンドリングも、きちんと数字が並んでいる(=高いリニアリティーが確保されている)から安心。特別、運動性能が高いわけではないけれど、普通に乗るクルマとしてはちゃんとしていると思います。それと乗り心地はすっごくいいですね。本当に、すっごくいい」

念のため、G350dを停車させてから谷口にその後席に腰掛けてもらった。
「膝と前席シートバックの間はワンフィンガーかツーフィンガーくらいのすき間があるので、まあ大丈夫ですね。それとつま先が前席の下側に入るスペースがあるので楽です。シートリクライニングがあるのもいいですね。ちょっと倒すだけでも体の負担が全然変わってきます。ただし、少しリラックスした姿勢をとるとスネが前席に当たっちゃうのが気になりますね。だから、短時間だったらいいけれど、長距離ドライブはパスかなあ」

続いてラゲッジルームをチェックしてもらおう。
「ぱっとテールゲートを開けた感じは広く思えますが、しっかり見ると、タイヤハウスのでっぱりが大きいせいで幅方向の余裕はあまりありませんね。だからゴルフバッグを積むのは難しいかもしれません」

 
メルセデス・ベンツG350d(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツG350d(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツG350d(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツG350d(後編)の画像拡大

【メルセデス・ベンツG350dのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4660×1930×1975mm/ホイールベース:2890mm/車重:2500kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ/ トランスミッション:9段AT/最高出力:286PS(210kW)/3400-4600rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1200-3200rpm/
タイヤ:(前)275/50R20 113V M+S/(後)275/50R20 113V M+S(ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズン)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1192万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 270.1km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:31.3リッター(軽油)/参考燃費:8.6km/リッター(満タン法)/8.4km/リッター(車載燃費計計測値)


	【メルセデス・ベンツG350dのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4660×1930×1975mm/ホイールベース:2890mm/車重:2500kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ/ トランスミッション:9段AT/最高出力:286PS(210kW)/3400-4600rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1200-3200rpm/
	タイヤ:(前)275/50R20 113V M+S/(後)275/50R20 113V M+S(ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズン)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1192万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 270.1km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:31.3リッター(軽油)/参考燃費:8.6km/リッター(満タン法)/8.4km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • 徹底したキープコンセプトは何のため?
    新型「Gクラス」の開発キーマンに話を聞いた
    2018.6.13 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された新型「メルセデス・ベンツGクラス」。“孤高のオフローダー”が、40年ぶりのフルモデルチェンジによって手にしたもの、そして失ったものとは!? 本国ドイツで開発を主導したミヒャエル・ベルンハルト氏に話を聞いた。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
ホームへ戻る