「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場

2020.02.12 自動車ニュース
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター拡大

英アストンマーティンは2020年2月12日(現地時間)、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を発表し、予約注文受け付けを開始した。

 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大

クーペのエモーショナルな走りの楽しさをさらに高めたとうたわれるヴァンテージ ロードスター。オープントップ化したのみならず、シャシーも専用セッティングとするのがアストン流である。

Zパターンに折りたたまれる電動のファブリックルーフは、コンパクトかつ軽量な構造が特徴だ。車重はクーペから60kgの増加にとどまるほか、トランクスペースの容量は200リッターを確保。開閉操作の高速化にも寄与しており、オープン操作時が6.7秒、クローズ操作時が6.8秒という所要時間は、自動開閉式システムを備えたクルマの中で最速であるという。

パワートレインは最高出力510PS/最大トルク685N・mの4リッターV8ツインターボエンジンと、ZF製8段ATの組み合わせ。0-60mph加速に要するタイムは3.7秒、最高速は306km/h(ルーフクローズ時)と公表されている。

スポーツドライビングに関する基本コンポーネンツはクーペから引き継ぐ一方で、リアダンパーとアダプティブダンピングシステム、スタビリティーコントロールはロードスター専用のチューニングに。「スポーツ」「スポーツ+」「トラック」からなるドライブモードも専用のセッティングとされている。

ヴァンテージ ロードスターの本国イギリスにおける販売価格は、クーペよりも1万2100ポンド(約172万円)高い12万6950ポンド(約1806万円)から。納車は2020年の第2四半期から始まるとアナウンスされている。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
ホームへ戻る