クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディRS Q3(4WD/7AT)/RS Q3スポーツバック(4WD/7AT)

心を揺さぶる5気筒ヨンク 2020.02.21 試乗記 日本未導入の新型「アウディQ3」をベースに、アウディスポーツが手を加えたハイパフォーマンスSUV「RS Q3」が早くも登場。ファストバックスタイルの「RS Q3スポーツバック」とも合わせ、冬のスウェーデンでその実力を確かめた。

“あの名車”が生まれて今年で40周年

今年2020年は “クワトロ40周年”に当たるという。4WDと5気筒エンジンの組み合わせで当時のWRC(世界ラリー選手権)を席巻した「アウディ・クワトロ」の系譜を今にうけつぐ受け継ぐSUVが、RS Q3とRS Q3スポーツバックだ。

RS Q3は、MQBプラットフォームがベースのコンパクトSUV、Q3をベースに、アウディスポーツGmbHが「RS」モデルへと仕立てたシリーズのトップモデルだ。2代目となった新型では、ベースのQ3にクーペスタイルのQ3スポーツバックというバリエーションが用意されたことを受け、RSモデルにも2つのボディータイプが設定されている。

しかし、アウディのSUVクーペといえば「Q2」や「Q8」など偶数があてがわれてきた経緯がある中で、スポーツバックという名称が用いられている。これまでの法則から「Q4」としたほうがわかりやすい気もするが、「A4」などのMLB系プラットフォームをベースとした上位のSUVクーペの商品展開が予定されているのか、はたまたアルファロメオの4WDシステムの登録商標と干渉するのか、本当の理由は定かではない。

RS Q3とRS Q3スポーツバックの国際試乗会は、スウェーデンのアルヴィッツヤウルで行われた。ストックホルムから北へ約900kmのこの地の冬は、一面氷と雪で覆われており、欧州メーカーやサプライヤーの寒冷地テストの場としても知られている。またメルセデスやBMW、フォルクスワーゲン、ジャガーランドローバーといった数々のブランドが一般向けにドライビング講習会を実施しており、日本からもオーロラ見学を盛り込んだツアーが組まれることもある。

2019年9月に発表された新型「RS Q3」。ベース車の「Q3」に標準モデルと「スポーツバック」が設定されたことから、RS Q3にも2つのボディータイプが設定されることとなった。
2019年9月に発表された新型「RS Q3」。ベース車の「Q3」に標準モデルと「スポーツバック」が設定されたことから、RS Q3にも2つのボディータイプが設定されることとなった。拡大
フラットボトムのステアリングホイールをはじめ、各所に専用の装備やデザインが施されたインテリア。オプションで、レッドかブルーのアクセントを加えることもできる。
フラットボトムのステアリングホイールをはじめ、各所に専用の装備やデザインが施されたインテリア。オプションで、レッドかブルーのアクセントを加えることもできる。拡大
ダッシュボードに装着された「quattro」のバッジ。2020年は、「クワトロ」フルタイム4WDを搭載した最初のモデル「アウディ・クワトロ」がデビューしてから40周年の年に当たる。
ダッシュボードに装着された「quattro」のバッジ。2020年は、「クワトロ」フルタイム4WDを搭載した最初のモデル「アウディ・クワトロ」がデビューしてから40周年の年に当たる。拡大

各所に施された“RS専用”のデザインや装備

RS Q3と同スポーツバックのボディーサイズは、前者が全長×全幅×全高=4506×1851×1602mmなのに対し、後者は4507×1851×1557mmと、全長×全幅はほぼ同一。全高はスポーツバックのほうが45mm低い。ホイールアーチは標準モデルに比べ10mm拡大しており、ブリスターフェンダーがより強調されている。

エクステリアにはブラックスタイリングパッケージが標準装備されており、グリルの上部には「スポーツクワトロ」をモチーフにしたスリットが入る。サイドミラー、ウィンドウフレーム、アルミホイール、そしてアウディの4リングスまでブラックアウトする念の入れようだ。通常のシルバー基調の仕様もオプション設定されている。

RS Q3の標準モデルとクーペバージョンを一目で見分けるポイントは、ルーフレールの有無だ。それからサイドウィンドウグラフィックに目をやれば、スポーツバックのそれはリアエンドでキックアップし、Cピラーも細くデザイン処理されていることがわかる。またリアバンパーにもスポーツバックのみブラックインサートの加飾が施されている。

インテリアデザインは基本的に同一だ。フラットボトムのRS専用ステリングの奥には、12.3インチ液晶の「アウディバーチャルコックピット」がのぞく。通常の速度計や回転計、カーナビゲーションなどのほかに、RS専用の機能としてシフトインジケーター、トルク、パワー、ラップタイム、Gフォースなども表示可能。そして試乗車には、肌触りのよいファインナッパレザーを採用したオプションの「RSスポーツシート」が装着されていた。

RS Q3と同スポーツバックの全長と全幅はほぼ共通。全高のみスポーツバックのほうが45mm低い。
RS Q3と同スポーツバックの全長と全幅はほぼ共通。全高のみスポーツバックのほうが45mm低い。拡大
ブラックアウトされた「RS Q3」のバッジと“フォーシルバーリングス”のエンブレム。シルバー基調の仕様も選択可能となっている。
ブラックアウトされた「RS Q3」のバッジと“フォーシルバーリングス”のエンブレム。シルバー基調の仕様も選択可能となっている。拡大
アウディバーチャルコックピットにはブースト計や加速度センサーなどの表示機能も備わっており、ドライバーの気分を高めてくれる。
アウディバーチャルコックピットにはブースト計や加速度センサーなどの表示機能も備わっており、ドライバーの気分を高めてくれる。拡大
レザーとアルカンターラのスポーツシートが標準装備される「RS Q3」シリーズ。オプションで、ファインナッパレザーのシート(写真)も用意される。
レザーとアルカンターラのスポーツシートが標準装備される「RS Q3」シリーズ。オプションで、ファインナッパレザーのシート(写真)も用意される。拡大

進化を続ける2.5リッター直5エンジン

両者の機能的な差異は後席空間にある。後席の頭上スペースのゆとりは、身長178cmの大人がすわって前者はこぶしひとつ分、後者は手のひら1枚くらいといったところ。窓面積の大きさもあってRS Q3のほうが広いし開放感もある。その点、スポーツバックは標準モデルに一歩譲るが、それはデザイン上いたしかたないところだ。ラゲッジスペースの容量は通常時は530リッターと共通。後席を格納すると、RS Q3は1525リッター、RS Q3スポーツバックは1400リッターとなる。

パワートレインは「RS 3」や「TT RS」などにも採用されてきた2.5リッター5気筒直噴ターボエンジンに7段Sトロニックを組み合わせる。駆動方式はもちろん「クワトロ」フルタイム4WDだ。エンジンの最高出力は、先代比で60PSアップの400PSに到達、最大トルクは30N・mアップの480N・m、0-100km/h加速は4.8秒から4.5秒に短縮された。

9年連続で「エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、アウディが“モダンクラシック”と呼ぶこのエンジンは、クワトロの系譜を受け継ぐものとして今も改良の手が加えられている。 クランクケースのアルミ化をはじめ、オイルパン上部もマグネシウムに。それ以外にもクランクシャフトやフライホイールの改良で、従来モデルより26kgもの軽量化を達成している。またシリンダーライナーをプラズマコーティングして内部摩擦を軽減するなど、出力の向上とエミッションへの対策も施される。

「RS Q3」のリアシート。分割可倒機構に加え、調整幅150mmのスライド調整機構や、7段階のリクライニング機構などが備わる。
「RS Q3」のリアシート。分割可倒機構に加え、調整幅150mmのスライド調整機構や、7段階のリクライニング機構などが備わる。拡大
「RS Q3スポーツバック」のリアシート。頭上まわりのスペースが狭く、スライド機構の調整幅も130mmに縮められている。
「RS Q3スポーツバック」のリアシート。頭上まわりのスペースが狭く、スライド機構の調整幅も130mmに縮められている。拡大
エンジン横置きのRSモデルではおなじみの感がある2.5リッター直5ターボエンジン。アウディでは2009年登場の初代「TT RS」で、初めて採用された。
エンジン横置きのRSモデルではおなじみの感がある2.5リッター直5ターボエンジン。アウディでは2009年登場の初代「TT RS」で、初めて採用された。拡大

SUVであることを忘れさせるドライブフィール

アルヴィッツヤウルは限りなく北極圏に近い場所ということもあり、スパイクタイヤの使用が認められている。したがって、今回の試乗車にはすべてスパイクタイヤが装着されていた。まず一般道でスポーツバックに乗る。走りだしてすぐに、アイポイントの高いSUVを運転している感覚はなくなった。

スパイクタイヤにも慣れ、徐々にペースを上げる。ドライブモードをオートにしておけば、足まわりはしなやかに動きながら、コーナーをほとんどロールすることなくクリアしていく。ブレーキの踏み応えも良好で、雪上であってもまったく不安なく止まることができる。少々荒っぽい運転をしても、とっちらかるようなことはなく、極めて安定した挙動をみせた。

1-2-4-5-3の順で点火し、独特のサウンドを奏でる5気筒エンジンは、一般道を普通に走っているぶんにはほとんど“主張”しない。年々厳しくなる騒音規制にアジャストすべくチューニングされているという。

RSモデルの本領を発揮すべく、凍結した湖の上につくられた特設コースへと向かった。ここでスポーツバックから標準モデルへと乗り換える。その瞬間は「わずかに重心が高いかな」という印象を受けたが、しばらく走るとその感覚もなくなった。ちなみに、空車重量は標準モデルが1715kg、スポーツバックは1700kgである。

動力性能については両車共通で、0-100km/h加速は4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と発表されている。
動力性能については両車共通で、0-100km/h加速は4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と発表されている。拡大
タイヤサイズは255/40R20。試乗車にはいずれもミシュランのスタッドタイヤ「X-ICEノース4」が装着されていた。
タイヤサイズは255/40R20。試乗車にはいずれもミシュランのスタッドタイヤ「X-ICEノース4」が装着されていた。拡大
「RS Q3」の試乗は、凍結した湖上に設けられた特設コースで行われた。このプログラムは「アウディ ドライビングエクスペリエンス」のひとつに設定されており、一般の人も参加できる。
「RS Q3」の試乗は、凍結した湖上に設けられた特設コースで行われた。このプログラムは「アウディ ドライビングエクスペリエンス」のひとつに設定されており、一般の人も参加できる。拡大

氷雪路で実感するバランスのよさ

新型のRS Q3には、「コンフォート」や「ダイナミック」といった既存のドライブモードに加えて、「RS1」「RS2」という2つのモードが追加された。これは、パワートレインやサスペンション、ステアリング、エンジンサウンドなどに、あらかじめ任意の制御を設定しておくと、ステアリングのRSボタンで瞬時にそれを呼び出せるというものだ。これらをすべてダイナミックに設定し、ESC(エレクトロニックスタビリゼーションコントロール)を3秒長押しすれば、ESCは完全にキャンセルされる。5気筒エンジンもリズムよく本来の音を奏でる。

いくつかのコースが用意されている中、一周約2.5kmの高速トラックに向かう。100km/hを超えるような高速コーナーと、氷が露出したすべりやすいタイトコーナーが組み合わされた周回路だ。クワトロシステムは後軸への動力伝達に電子制御油圧式マルチプレートクラッチを用いたもので、それは前後重量配分を最適化するため、リアアクスルに配置されている。必要に応じて駆動力の50~100%をリアに配分し、特にこうしたコースでは積極的に後輪を駆動する。

コースに慣れてくると、ブレーキを使ってのターンインからやアクセルオフでの荷重移動など、いろんな場面でドリフトが楽しめるようになる。ノーズの重さを感じさせることなく、カウンター量少なめできれいに旋回するさまからは、このクルマのバランスのよさが伝わってくる。RS専用にチューニングされたステアリングの利きもよく、大きくスライドした状態からのリカバーもしやすい。スパイクタイヤの恩恵も大きいけれど、45分走り続けて一度も飛び出したりスピンしたりすることがなかったのには驚いた。

RS 3しかりTT RSしかり、“クワトロ+5気筒”というパッケージには、クルマ好きの心をつかんではなさない何かが宿っているのだと思う。RS Q3とRS Q3スポーツバックは、2020年内に国内導入予定だ。

(文=藤野太一/写真=アウディ/編集=堀田剛資)

氷雪路でドリフト走行を楽しむ筆者。車両バランスに優れる「RS Q3」シリーズでは、テールスライドのコントロールも容易だ。
氷雪路でドリフト走行を楽しむ筆者。車両バランスに優れる「RS Q3」シリーズでは、テールスライドのコントロールも容易だ。拡大
ステアリングホイールの「RS MODE」のスイッチを押すと、ドライバーが任意で設定したカスタマイズモードを呼び出すことができる。
ステアリングホイールの「RS MODE」のスイッチを押すと、ドライバーが任意で設定したカスタマイズモードを呼び出すことができる。拡大
前軸側に重量が偏るのを防ぐため、「RS Q3」シリーズではマルチプレートクラッチ式のカップリングを、後軸側に装備している。
前軸側に重量が偏るのを防ぐため、「RS Q3」シリーズではマルチプレートクラッチ式のカップリングを、後軸側に装備している。拡大
「RS Q3」と「RS Q3スポーツバック」には、RSシリーズ専用色である「キャラミグリーン」(左端)と「ナルドグレー」(右から2番目)の2色を含む、全8色のボディーカラーが用意される。
「RS Q3」と「RS Q3スポーツバック」には、RSシリーズ専用色である「キャラミグリーン」(左端)と「ナルドグレー」(右から2番目)の2色を含む、全8色のボディーカラーが用意される。拡大
アウディRS Q3
アウディRS Q3拡大

テスト車のデータ

アウディRS Q3

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4506×1851×1602mm
ホイールベース:2681mm
車重:1715kg(空車重量)
駆動方式:4WD
エンジン:2.5リッター直5 DOHC 20バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:400PS(294kW)/5850-7000rpm
最大トルク:480N・m(48.9kgf・m)/1950-5850rpm
タイヤ:(前)255/40R20 101H XL/(後)255/40R20 101H XL(ミシュランX-ICEノース4)
燃費:8.9-8.8リッター/100km(約11.2-11.4km/リッター、欧州複合モード)
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディRS Q3スポーツバック
アウディRS Q3スポーツバック拡大

アウディRS Q3スポーツバック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4507×1851×1557mm
ホイールベース:2681mm
車重:1700kg(空車重量)
駆動方式:4WD
エンジン:2.5リッター直5 DOHC 20バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:400PS(294kW)/5850-7000rpm
最大トルク:480N・m(48.9kgf・m)/1950-5850rpm
タイヤ:(前)255/40R20 101H XL/(後)255/40R20 101H XL(ミシュランX-ICEノース4)
燃費:8.9-8.8リッター/100km(約11.2-11.4km/リッター、欧州複合モード)
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ RS Q3 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。