「ジープ チェロキー」改良モデル登場 充実装備でシリーズ全体をリフレッシュ

2020.02.20 自動車ニュース
ジープ・チェロキー
ジープ・チェロキー拡大

FCAジャパンは2020年2月20日、ミドルサイズSUV「ジープ・チェロキー」の仕様・装備を見直し、販売を開始した。

「リミテッド」では、レザーシートがホワイト(写真)とブラックの2色から選べる。
「リミテッド」では、レザーシートがホワイト(写真)とブラックの2色から選べる。拡大
「トレイルホーク」のインテリア。
「トレイルホーク」のインテリア。拡大

チェロキーは、2018年10月にマイナーチェンジを実施。フラッグシップモデル「グランドチェロキー」やコンパクトモデル「コンパス」とイメージを合わせた新世代デザインが採用されている。

ラインナップはベースグレードの「Longitude(ロンジチュード)」、悪路走破性が重視された「Trailhawk(トレイルホーク)」、快適装備の充実がセリングポイントとなる「Limited(リミテッド)」の3モデル。

今回の仕様・装備見直しを受け、ロンジチュードとトレイルホークではシート表皮がファブリックからレザーへと変更されたほか、フロントシートヒーターやリアシートのスライド機構、セキュリティーアラーム(盗難発生警報装置)などの装備が追加された。ロンジチュードにはリアディープティンテッドガラス(後部プライバシーガラス)が新たに採用されている。

チェロキーのラインナップと価格は以下の通り。

  • ロンジチュード:449万円
  • リミテッド:496万円
  • トレイルホーク:499万円

(webCG)

関連キーワード:
チェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ チェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
ホームへ戻る