「クアトロポルテ」と「レヴァンテ」にマセラティとエルメネジルド・ゼニアのコラボ第2弾モデル登場

2020.02.21 自動車ニュース
マセラティ・レヴァンテSグランスポーツ ゼニア ペッレテスータ
マセラティ・レヴァンテSグランスポーツ ゼニア ペッレテスータ拡大

マセラティ ジャパンは2020年2月20日、伊ファッションブランドのエルメネジルド・ゼニアとのコラボレーション第2弾として、ナッパレザーの「PELLETESSUTA(ペッレテスータ)」を採用した特別仕様車を「クアトロポルテ」と「レヴァンテ」に設定し、販売を開始した。

「レヴァンテSグランスポーツ ゼニア ペッレテスータ」のシート。
「レヴァンテSグランスポーツ ゼニア ペッレテスータ」のシート。拡大
「レヴァンテSグランスポーツ ゼニア ペッレテスータ」のインテリア。
「レヴァンテSグランスポーツ ゼニア ペッレテスータ」のインテリア。拡大
クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータ
クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータ拡大
「クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータ」のシート。
「クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータ」のシート。拡大
「クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータ」のインテリア。
「クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータ」のインテリア。拡大

ペッレテスータは、極細のひも状にカットしたナッパレザーを伝統的な機織り手法に倣って織り上げた、エルメネジルド・ゼニア独自のテキスタイル。しなやかで高品質なナッパレザーは柔らかで、カシミヤのような触感を兼ね備えているという。

今回のコラボレーションは、2015年に発表されたエルメネジルド・ゼニアのシルクインテリアに続くもの。前述のペッレテスータを用いたインテリアのほか、専用ボディーカラーやエルメネジルド・ゼニアのデディケーションバッジ、外装色に合わせたブレーキキャリパーなどが特別装備として採用されている。

外装色は、レヴァンテがブロンゾトリコート、クアトロポルテがブルーソフィスティケートという特別なカラーとなる。価格と販売台数は以下の通り。

  • レヴァンテSグランスポーツ ゼニア ペッレテスータ:1690万円(限定販売台数20台)
  • クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータ:1890万円(限定販売台数5台)

クアトロポルテSグランルッソ ゼニア ペッレテスータの実車は同年2月22〜24日の3日間、東京・代官山の代官山T-SITE ガーデンギャラリーに展示される。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, クアトロポルテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • BMW X5 Mコンペティション/X6 Mコンペティション【海外試乗記】 2020.3.26 試乗記 フルモデルチェンジしたBMWのSUV「X5」「X6」に“M”印の高性能バージョンが登場。600PSオーバーのハイパワーエンジンを搭載する新型は、いわゆるスーパーカーとはまた違った新鮮な速さを味わわせてくれた。
ホームへ戻る