日産の新型軽スーパーハイトワゴン「ルークス」登場

2020.02.25 自動車ニュース
新型日産ルークスGターボ プロパイロットエディション(FF車)
新型日産ルークスGターボ プロパイロットエディション(FF車)拡大

日産自動車は2020年2月25日、軽スーパーハイトワゴンの新型「ルークス」を発表した。同年3月19日に発売する。

ルークスX
ルークスX拡大
ブラックとモカのコンビインテリア(写真)はオプションにて用意される。
ブラックとモカのコンビインテリア(写真)はオプションにて用意される。拡大
前席シートのヒップポイントは従来型よりも60mm高くなっている。
前席シートのヒップポイントは従来型よりも60mm高くなっている。拡大
リアシートには320mmの前後スライド機構が備わる。
リアシートには320mmの前後スライド機構が備わる。拡大
荷室の最大床面長は675mm
荷室の最大床面長は675mm拡大
ミリ波レーダーを装備したことにより、運転支援装備「プロパイロット」はよりスムーズな制御が可能になっている。
ミリ波レーダーを装備したことにより、運転支援装備「プロパイロット」はよりスムーズな制御が可能になっている。拡大

クラストップレベルの広い室内空間

日産ルークスは、日産と三菱自動車との合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画・開発を主導した新世代軽乗用車であり、すでに発表済みの新型「三菱eKスペース」とは姉妹モデルという関係になる。今回のモデルチェンジを機に、車名が「デイズ ルークス」からルークスへと改められた。

“技術の日産”が家族のために、広い室内や便利で快適な使い勝手、誰もが楽しい移動空間、そして安全性を考え抜いたとうたう新型ルークス。キャビンの拡大やパワートレインの強化、デザインのリフレッシュなど、従来モデルから全方位的な進化を遂げているのが特徴だ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1780(4WD車は1800)mm。現行型デイズと同じプラットフォームの採用により、広い室内を実現。後席では795mmの二ールームと1400mmの室内高を確保したほか、荷室の床面長は最大で675mmにまで拡大可能。いずれもクラストップレベルのスペースだとうたわれている。

ファミリー層を主要なユーザーとする軽スーパーハイトワゴンだけあって、後席まわりを念入りに強化しており、スライドドアの開口幅は650mmを確保したほか、車体下に片足をかざすだけで開閉できる「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。シートには320mmの前後スライド機構が備わっており、前方にスライドして助手席を倒せば、ドライバーの手が後席に座った子どもに届くようになっている。

エクステリアデザインに、シンプルなスタンダードモデルと、力強さが特徴の「ハイウェイスター」を用意するのは従来型と同様。ボディーカラーはツートン5タイプと、モノトーン12色をラインナップ。スタンダードモデルには「セレニティーゴールド」を、ハイウェイスターには「アメジストブルー」「アトランティックブルー」の2色を、それぞれ新色として設定した。

パワーユニットはデイズに搭載している0.66リッター直3の「B06型」エンジンをルークスに合わせてセッティング。最高出力52PS/6400rpm、最大トルク60N・m/3600rpmの自然吸気ユニットに加えて、同64PS/5600rpm、同100N・m/2400-4000rpmのターボユニットも設定する。従来型よりもエンジン自体を高剛性化したほか、エンジンまわりやドアまわりに収音材を配置して、キャビンの静粛性を高めている。トランスミッションは全車CVTで、同2.7PS/1200rpm、同40N・m/100rpmのモーターとリチウムイオンバッテリーからなるマイルドハイブリッド機構も全車に備わる。

日産の運転支援技術「プロパイロット」はデイズから一段階進化。新たに車両前方にミリ波レーダーを搭載し、より遠くの先行車の状況をセンシングできるようになり、車両をスムーズに制御できるようになった。さらに、2台前の先行車を検知し、自車の回避操作が必要と判断した場合にドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初採用。「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や「標識検知機能」「インテリジェントDA(ふらつき警報)」も合わせて、全方位的にドライバーをサポートする。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S:141万5700円(FF車)/154万9900円(4WD車)
  • X:154万6600円(FF車)/168万0800円(4WD車)
  • ハイウェイスターX:173万4700円(FF車)/186万8900円(4WD車)
  • ハイウェイスターXプロパイロットエディション:184万3600円(FF車)/197万7800円(4WD車)
  • ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション:193万2700円(FF車)/206万6900円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 ルークス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 新型「三菱eKスペース/eKクロス スペース」登場! ところで最強のライバルに勝てるんですか? 2020.2.12 デイリーコラム 三菱の新型軽乗用車「eKスペース/eKクロス スペース」がデビュー。軽スーパーハイトワゴンカテゴリーを席巻するあのクルマに、果たして勝つことはできるのだろうか。三菱のスタッフを直撃した。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
ホームへ戻る