第2回:“走り自慢”も“癒やし系”も選べます
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~

2020.02.29 JAIA輸入車試乗会2020
シトロエンC5エアクロスSUVシャイン
シトロエンC5エアクロスSUVシャイン拡大

年に一度の輸入車の祭典「JAIA輸入車試乗会」より、webCG編集部員が注目車種を紹介! 第2回は、特濃フレンチSUVの「シトロエンC5エアクロスSUV」と、英独のコンパクトロケット「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」「アウディSQ2」の走りをリポート。

 
第2回:“走り自慢”も“癒やし系”も選べます輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第2回:“走り自慢”も“癒やし系”も選べます輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第2回:“走り自慢”も“癒やし系”も選べます輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第2回:“走り自慢”も“癒やし系”も選べます輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大
 
第2回:“走り自慢”も“癒やし系”も選べます輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~の画像拡大

あえてデコボコを踏みたくなる
シトロエンC5エアクロスSUVシャイン……431万9000円

2020年2月某日。神奈川県の大磯町付近で、車線内で右へ寄ったり左へ寄ったりと、落ち着きなく走るC5エアクロスSUVを見かけた方がおられるもしれない。そのドライバーは私である。後続車に迷惑をかけないよう気をつけてはいましたが、不審に思った方がいたらゴメンナサイ。

C5エアクロスSUVの自慢は、何といっても“ハイドロの現代的解釈”をうたうサスペンション「プログレッシブ・ハイドロ―リック・クッション」だ。決してフワフワしているというわけではないが、粘り気があるかのように柔らかい。今回のようなチョイ乗りでは路面の凹凸を踏んでみたいという衝動に駆られ、ついつい落ち着きのない走りをしてしまったのである。しかしこの足まわりの仕上がりは、控えめに言ってサイコーである。

パワフルな2リッターディーゼルターボエンジンと8段ATからなるパワートレインに不満はなく、アダプティブクルーズコントロールや車線維持支援システム、ハンズフリー電動テールゲートまで付いている。細かく見れば機能に差はあるかもしれないが、装備内容は欧州プレミアムブランドのSUVにもヒケを取らない。

そしてこれらに負けず劣らず魅力的なのが、素晴らしくカッコいいボディーだ。横や後ろから見たら他のクルマとそれほど違うわけではないが、フロントマスクはオンリーワンにしてナンバーワン! ……しかし、文字で表現するのが難しいタイプだ。私にとっては大好物で、見慣れてはいるものの、いまだにどこに目の焦点を合わせていいのか分からないほどだ(褒めている)。

まずは出来のいいシャシーやパワートレインをつくり上げ、その上でユニークなサスペンションや個性的なデザインといった、シトロエンならではの魅力を付与したC5エアクロスSUV。なかなかに戦略的なクルマだと思う。

(文=webCG 藤沢/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • アウディRS Q3(4WD/7AT)/RS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.2.21 試乗記 日本未導入の新型「アウディQ3」をベースに、アウディスポーツが手を加えたハイパフォーマンスSUV「RS Q3」が早くも登場。ファストバックスタイルの「RS Q3スポーツバック」とも合わせ、冬のスウェーデンでその実力を確かめた。
  • アウディQ3 2018.7.26 画像・写真 2011年のデビュー以来、初のモデルチェンジが実施された「アウディQ3」。2代目となる新型は従来モデルに比べて、ボディーサイズ、居住空間ともに拡大されている。その姿を写真で紹介する。
  • アウディが2代目「Q3」の概要を発表 2018.7.26 自動車ニュース 従来モデルよりもボディーサイズが拡大された新型「アウディQ3」が、2018年7月25日(現地時間)にデビューした。デリバリーの開始時期は、ドイツを含む欧州諸国で2018年11月になる見込み。
  • アウディQ5ファーストエディション(4WD/7AT)/SQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.10.17 試乗記 アウディのミドルサイズSUV「Q5」がフルモデルチェンジ。新世代プラットフォーム「MLB evo」を採用した新型が、いよいよ日本にも導入された。走りも内外装も大幅にブラッシュアップされた、2代目の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る