第166回:おっさんポルシェラブ

2020.03.10 カーマニア人間国宝への道

激安中古車店へ急行

突如991型「911」への愛(いと)しさがこみ上げ、正規ディーラー様の中古車センターに急行したものの、あまりの値段の高さにクラクラし、もっと安い店に行って心を落ち着かせることにした私。スマホでピピッと検索したところ、近所に良さそうな店を発見したので、そちらに移動した。

10分ほどクルマを走らせると、あたりの景色が急に田舎っぽくなった。所沢とか加須のあたりによくある、資材置き場や駐車場、そして雑木林が点在する、荒れた感じの郊外風景である。

スマホナビが到着を知らせたが、周囲にポルシェ専門店らしきものはない。私はクルマを降りて周囲を見渡した。

よく見ると、ステンレス(?)のフェンス手前にのぼりが立ち、控えめに店名も貼ってあった。こ、ここか! 一見資材置き場か産廃置き場やんけ!

とってもステキな予感がしてきた……。

荒れた駐車場の奥に、ひっそりとその店はあった。店というより単なるクルマの置き場だけど。

敷地内に入ると、センサーが反応したらしく、女性の電子音声が「いらっしゃいませ」と出迎えてくれた。

フェンスの内側には、ポルシェ等がかなりビチビチに入れられており、奥の奥にコンテナ型店舗が見える。以前、10万円前後の激安車を専門に売る「リュウ」の店を取材したが、あれにかなり近い雰囲気である。

奥に入ると、コンテナの窓から人の好(よ)さそうな30代男性(推定)が顔を出し、笑顔で「いらっしゃいませ~!」と迎えてくれた。

たぶん社長だろう。そんな気がする。

清水:ネットで見て、お安いポルシェを見学に来たんですけど、見ていいですか?

たぶん社長:どうぞどうぞ。中を見たいクルマがあればカギを開けますから、遠慮なく言ってください!

筆者が“おっさんポルシェ”と呼ぶ996型「ポルシェ911カレラ」。991型への愛が芽生えたのも、このクルマがきっかけだった。
筆者が“おっさんポルシェ”と呼ぶ996型「ポルシェ911カレラ」。991型への愛が芽生えたのも、このクルマがきっかけだった。拡大
中古車店の外観。一見すると資材置き場のようだ。
中古車店の外観。一見すると資材置き場のようだ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る