衝撃の162万円!

激安店だけに、並んでいるのはどれも500万円以下の個体で、10台くらいのうち4台は激安のおっさんポルシェ(996型)で占められている。

その中の1台を見て、私は目を疑った。プライスボードに「162万円」と書かれている! こ、これは、日本でも3本の指に入るくらいの激安911! こんなの在庫情報にもなかったのにぃ!

清水:こ、これ、ものすごく安いですね。

たぶん社長:ええ。この間はフランスからお客さんが来ました。

清水:ええっ! フランスからフランス人が!?

たぶん社長:はい。何言ってるか全然わかんなくて(笑)、スマホの翻訳アプリで話をしたんですけど、あっちにはこんな安いのはないから、ぜひこれが欲しいって。

清水:いきなり来たんですか!

たぶん社長:いきなり来ましたねぇ。

清水:業者さんですかね?

たぶん社長:いや、個人だったみたいです。ただウチ、輸出をやったことなくって、手続きだけで70万円くらいかかっちゃうことがわかって、あきらめてもらったんです~。

162万円の激安おっさんポルシェを買いに、わざわざフランスからフランス人が来るのか! スゲエッ!

考えてみりゃ、日本では996型だけが突出して安い。日本人は世界の常識から見ると異常なほど涙目のおっさんポルシェを嫌っていて、異常なほど安いのかもしれない。

清水:やっぱり安いのは996型ですね。

たぶん社長:そうですね。でも僕は996が欲しくてポルシェ屋を始めたんです。

清水:ええっ!?

激安の996型「911カレラ」を発見! 価格は162万円!
激安の996型「911カレラ」を発見! 価格は162万円!拡大
繰り返すが162万円! 98年式で、修復暦はナシ。走行距離は9.2万kmだった。
繰り返すが162万円! 98年式で、修復暦はナシ。走行距離は9.2万kmだった。拡大
996型の「911」は、“涙目”と呼ばれるヘッドランプが外観上の特徴となる。参考までに、写真は162万円のモデルとほぼ同時期に生産された前期型の「カレラ4」。
996型の「911」は、“涙目”と呼ばれるヘッドランプが外観上の特徴となる。参考までに、写真は162万円のモデルとほぼ同時期に生産された前期型の「カレラ4」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る