アルピーヌが「A110」の限定モデルやパーソナライゼーションプログラムを日本に導入

2020.03.04 自動車ニュース
アルピーヌA110リネージGT
アルピーヌA110リネージGT拡大

アルピーヌ・ジャポンは2020年3月4日、仏本国で発表された「アルピーヌA110」の限定モデル「リネージGT」「カラーエディション2020」、およびアルピーヌA110のパーソナライゼーションプログラムを、順次日本に導入すると発表した。

「A110リネージGT」のインテリア。
「A110リネージGT」のインテリア。拡大
A110カラーエディション2020
A110カラーエディション2020拡大
「A110カラーエディション2020」のボディーカラーには「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」が採用される。
「A110カラーエディション2020」のボディーカラーには「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」が採用される。拡大

今回の限定モデルは、2020年3月3日(現地時間)に、アルピーヌ本社に併設されるショールーム「スタジオ アルピーヌ」で発表されたものである。

リネージGTはカタログモデルの上級グレード「リネージ」をベースに内外装をエレガントに仕上げたモデルとされており、新色1色を含む3色のボディーカラーが用意されるという。販売台数はグローバルで400台。日本導入は2020年春ごろの予定となっている。

一方、カラーエディション2020は、毎年受注期間限定で販売するモデルで、特別なカラーリングが特徴となっている。2020年モデルは高性能モデル「A110S」をベースに、ボディーカラーに「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」を採用している。日本導入は2020年夏ごろの予定。

また「アトリエ アルピーヌ」は、29色の新色ボディーカラーと、3種類のホイール(それぞれ3色のカラーバリエーションあり)、4色のブレーキキャリパーカラーを自由に組み合わせてオーダーできる、パーソナライゼーションプログラムである。日本導入は2020年秋ごろを予定しているという。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ボディーカラーに新色も 「アルピーヌA110」の限定車登場 2020.6.2 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年6月2日、「アルピーヌA110」の限定車「リネージGT」を導入すると発表した。カタログモデルの上位グレード「リネージ」をベースに、内外装に特別なカラーリングを採用しているのが特徴だ。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • 第601回:来日したマーケティング担当者を直撃! アルピーヌのブランド戦略と今後の展開を問う 2019.11.7 エディターから一言 輸入車ブランドが大量撤退した2019年の東京モーターショーに、アルピーヌがあえて新規出展した理由とは? 新モデル「A110S」の特徴や、気になる今後のラインナップ展開などもあわせ、来日した同社マーケティング・ダイレクターのレジス・フリコテ氏に話を聞いた。
ホームへ戻る