第215回:ツヨカワでワルカワな最凶女子が大暴れ
『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

2020.03.19 読んでますカー、観てますカー

ジョーカーにふられて傷心

『チャーリーズ・エンジェル』に続いての女子会映画登場である。『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は、さらにカラフルで極彩色。目がくらむようなキラキラしたシーンがあふれている。今度のヒロインは、正義感とは無縁だ。自らの欲望を解放して、やりたいことだけをやる。マーゴット・ロビーが、新鮮な魅力を爆発させた。

2016年の『スーサイド・スクワッド』のその後を描いている。ハーレイ・クイン(マーゴット)はべたぼれだった彼氏ジョーカーにふられ、傷心の真っただ中。強がってはいるが、ダメージは大きくて立ち直れない。自慢のツインテールを短く切ってしまうという、ありがちな失恋行動を取る。

部屋で泣いてばかりはいられないので街に繰り出すと、いきなり悪党どもが襲いかかってきた。悪逆非道の限りを尽くしていたのだから、彼女に恨みを抱く人間は多いのだ。ジョーカーという悪のカリスマから守られなくなったのを知った彼らが、復讐(ふくしゅう)のチャンスだと考えたのは当然だろう。

ゴッサムシティは敵だらけだが、簡単にやられるようなハーレイ・クインではない。やられたらやり返す、倍返しなのだ。次々に現れる雑魚キャラは、軽々と蹴散らしていく。しかし、幸運は続かなかった。裏社会を仕切っているブラックマスク(ユアン・マクレガー)に捕まり、処刑を宣告される。絶体絶命の彼女は、取引を持ちかけた。彼が盗まれたダイヤモンドを取り返すというのだ。残忍なことでは人後に落ちないブラックマスクだが、考えの甘いところがある。約束など屁(へ)とも思っていないハーレイ・クインの申し出を真に受けてしまうのだから。

(C) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
(C) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics拡大
 
第215回:ツヨカワでワルカワな最凶女子が大暴れ『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事