第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び

2020.03.24 カーマニア人間国宝への道

初めてのフェラーリ

新型コロナウイルス感染症の影響で、お仕事はもちろんのことさまざまな娯楽にも制限が出ている。そんな時こそ我々ライターは、「文字を読む」という極めて安全な娯楽を提供し続けるために微力を尽くさねば! と決意を新たにしております。

前回、「フィット」のプレス試乗会でH社のタカフミと再会したことは書いた。彼は数年前、私がお世話になっている中古フェラーリ専門店コーナーストーンズで、中古の「348tb」を買っていた。

348というクルマは、フェラーリの2シーターミドシップモデルの中では飛びぬけて人気がなく、相場も安い。つまりポルシェにおける996型「911」のような存在だが、人気がない理由は996型とは180度異なる。

996型は、911の伝統から外れた涙目と、カイテキかつヌルい走りで人気薄となったが、348は「非常に危険なクルマ」ということで人気薄となったのである。

今を去ること27年前。私は1163万2800円にて、90年式348tbを買った。私にとって初めてのフェラーリであり、初めての輸入車であり、初めての左ハンドル車でありました。

348tbは、直線的でカッコいいスタイリングを持ち、V8エンジンは凄(すさ)まじい快音を奏でたが、ボディー構造や足まわりに恐るべき欠陥を抱えていて、まっすぐ走らなかった。

かの池沢早人師先生も、購入直後、「高速道路で勝手に車線が変わっちゃったよ」とおっしゃったほどで、その後多くのプロドライバーからも酷評された。

コーナーストーンズで「348tb」を購入したタカフミ氏(写真中央)。
コーナーストーンズで「348tb」を購入したタカフミ氏(写真中央)。拡大
タカフミ氏はH社の広報部員。(写真=池之平昌信)
タカフミ氏はH社の広報部員。(写真=池之平昌信)拡大
筆者が初めて購入したフェラーリである「348tb」。
筆者が初めて購入したフェラーリである「348tb」。拡大
筆者が「348tb」を購入した際の注文書。当初1200万円を予定していたが、諸経費が安く収まったことで、1163万2800円で購入することができた。
筆者が「348tb」を購入した際の注文書。当初1200万円を予定していたが、諸経費が安く収まったことで、1163万2800円で購入することができた。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • ホンダNSX(その3) 2016.8.25 画像・写真 新型「ホンダNSX」には、3.5リッターターボエンジンと3基のモーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されている。高いスロットルレスポンスとコーナリング性能を実現するという同システムを、写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その2) 2016.8.25 画像・写真 「ホンダNSX」のグレードは1種類のみだが、カーボンファイバーの内外装パーツや電動調整機構付きのセミアニリンレザーシートなど、さまざまなオプションが用意されている。カーボンパーツでドレスアップされたNSXの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る