動画配信で十分? ジュネーブモーターショー中止で気づいたこと

2020.03.23 デイリーコラム

新型コロナウイルスの前から吹いていた逆風

2020年3月に開催予定だったジュネーブモーターショーは、新型コロナウイルスの影響で中止となった。4月に行われるはずだった、北京モーターショーやニューヨークショーも延期が発表された。

ところで近年はモーターショーのあり方そのものが問われていた。デトロイト、ジュネーブ、フランクフルト、パリ、そして東京は、かつては世界5大モーターショーと呼ばれていたが、今は昔のことだ。

「CES」にその座を奪われたデトロイトショーは今年から8月開催となり、あれほどの栄華を極めたフランクフルトショーは出展社数激減で、2021年からは会場をミュンヘンへと移して開催されることが決まった。昨年の東京では、輸入車の出展社数はわずか4ブランドだった。

モーターショーのような国際見本市は、企業が自社の新製品や将来に向けての新技術、新たなサービスに関する情報を発信する展示会だ。プレスデーにはメーカー関係者や報道関係者が一堂に会するため、プレスカンファレンスで新車発表を行えば、各メディアが一斉に報道してくれる。かつてはそういったスケールメリットがあった。

ところが、もはや会場に足を運ばずともカンファレンスの様子は閲覧可能だ。報道機関が発信せずとも、メーカー自身や、あるいは個人でもウェブサイトやSNSやYouTubeなどの配信メディアを利用することが可能になった。新型車の情報はあっという間に世界中に拡散される。自動車先進国においてモーターショーの縮小傾向は、必然の流れだった。そして今後は、自動車にとって最重要市場となった中国をはじめとする新興国に、モーターショーの主戦場は移っていくだろう。

そうした流れの中、先述の世界5大モーターショーの中で唯一盛況であり続けてきたのが、ジュネーブモーターショーだった。

2019年にピニンファリーナが発表した「バッティスタ」。世界的にモーターショーが斜陽の一途をたどる中でも、その独自性でもって存在感を示していたジュネーブショーだが、2020年は新型コロナウイルスのまん延により、中止となってしまった。
2019年にピニンファリーナが発表した「バッティスタ」。世界的にモーターショーが斜陽の一途をたどる中でも、その独自性でもって存在感を示していたジュネーブショーだが、2020年は新型コロナウイルスのまん延により、中止となってしまった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事