マクラーレンが公道を走れるレーシングカー「620R」を日本初公開【オートモビル カウンシル2020】

2020.03.23 自動車ニュース

マクラーレン・オートモーティブは2020年3月23日、千葉県の幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:4月3日~5日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。

マクラーレン620Rはレーシングマシン「マクラーレン570S GT4」の公道仕様に位置づけられるスーパースポーツカーだ。パワーユニットは最高出力620PS、最大トルク620N・mを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンで、「公道とサーキット、いずれの環境においてもレーシングカーのエクスペリエンスを実現する」といううたい文句が掲げられている。

マクラーレン・オートモーティブは同イベントにおいて4月3日の11時5分から、620Rに関する20分程度のプレゼンテーションを予定している。

(webCG)

マクラーレン620R
マクラーレン620R拡大

関連キーワード:
620R, マクラーレン, オートモビル カウンシル2020, モーターショー, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • アウディが新型「A3セダン」を発表 コックピットや操作系のデジタル化を推進 2020.4.24 自動車ニュース 独アウディは2020年4月21日(現地時間)、2代目となる新型「A3セダン」を公開した。欧州では同年4月末から受注を開始し、納車は同年夏にスタート。価格はエントリーレベルのガソリンエンジン搭載車で2万7700ユーロからとなる。
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
ホームへ戻る