新型「ランドローバー・ディフェンダー」の受注開始 日本独自仕様の「キュレーテッドスペック」も設定

2020.04.06 自動車ニュース
ランドローバー・ディフェンダー
ランドローバー・ディフェンダー拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年4月6日、新型「ランドローバー・ディフェンダー」の受注を同年4月9日に開始すると発表した。通常モデルに加え、需要の高いアイテムをあらかじめ装着した仕様「キュレーテッドスペック」も導入する。

「ディフェンダー90」(左)、「ディフェンダー110」(右)。
「ディフェンダー90」(左)、「ディフェンダー110」(右)。拡大
シフトセレクターをダッシュボードに配置。ランドローバーで初となる最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」が採用されている。
シフトセレクターをダッシュボードに配置。ランドローバーで初となる最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」が採用されている。拡大
車台には新たに開発された「D7x」アーキテクチャーを採用。軽量アルミニウムによるモノコック構造で、従来のラダーフレームの約3倍となるねじり剛性が確保されているという。
車台には新たに開発された「D7x」アーキテクチャーを採用。軽量アルミニウムによるモノコック構造で、従来のラダーフレームの約3倍となるねじり剛性が確保されているという。拡大

今回導入が発表されたのは、ディフェンダーの通常モデル。これまでは、2019年11月に発表された「ローンチエディション」や「スタートアップエディション」という先行予約モデルの受注が行われていた。

通常モデルのラインナップは3ドア5人乗りの「90」と、5ドア5人乗りおよび3列目シートの追加で7人乗りとなる「110」の2モデルで、ともに先行予約モデルと同じ「インジニウム」と名付けられた2リッター直4ガソリンエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)が搭載されている。

ランドローバー伝統のフルタイム4WDを採用し、「コンフォート」「芝生・グラベル・雪」「泥地」「砂地」「エコ」「ロック」「ウェイド」という7種類の走行モードが選択できる「テレインレスポンス2」が組み合わされている。ランドローバー初の「コンフィギュラブル・テレインレスポンス」も搭載されており、用途や好みにあわせてドライバー自身がテレインレスポンスの設定をカスタマイズすることも可能だという。

エマージェンシーブレーキやレーンキープアシストといった先進運転支援システムが標準装備されるほか、死角となる前輪前方の様子を車内中央のタッチスクリーンに表示できる「ClearSightグラウンドビュー」や、最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」なども備わる。

ボディーカラーは「フジホワイト」「サントリーニブラック」「インダスシルバー」「アイガーグレイ」「パンゲアグリーン」「ゴンドワナストーン」「タスマンブルー」の7種類で、従来のランドローバー車と同様に多彩なパーソナライゼーションが可能なほか、走破性能を高める「EXPLORER PACK(エクスプローラーパック)」、さまざまなアクティビティーで役立つ機能を備えた「ADVENTURE PACK(アドベンチャーパック)」、アウトドアで利便性を発揮する「COUNTRY PACK(カントリーパック)」、スタイリッシュな機能美を備えた「URBAN PACK(アーバンパック)」という4つのアクセサリーパックもオプション設定されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ディフェンダー90】

  • ディフェンダー:499万円
  • ディフェンダーS:582万円
  • ディフェンダーSE:648万円
  • ディフェンダーHSE:730万円
  • ディフェンダー ファーストエディション(1年間限定):739万円

【ディフェンダー110】

  • ディフェンダー:589万円
  • ディフェンダーS:663万円
  • ディフェンダーSE:732万円
  • ディフェンダーHSE:812万円
  • ディフェンダー ファーストエディション(1年間限定):820万円

上記モデルに加えスムーズな納車を視野に、需要の高いアイテムをあらかじめ装着した日本独自の仕様「キュレーテッドスペック」も5種類設定される。ラインナップ(ベース車両)と価格は以下の通り。

【キュレーテッドスペック】

  • ディフェンダー90ファブリックシート仕様(ディフェンダー):542万5000円
  • ディフェンダー90レザーシート仕様(ディフェンダーSE):690万円
  • ディフェンダー110ファブリックシート&5人シート仕様(ディフェンダー):630万3000円
  • ディフェンダー110ファブリックシート&7人シート仕様(ディフェンダー):683万7000円
  • ディフェンダー110レザーシート&7人シート仕様(ディフェンダーSE):843万3000円

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る