待ってました! アルファのスーパーセダン「ジュリアGTA」に思うこと

2020.04.10 デイリーコラム

最強のイニシャル

深紅のボディーに触れたことがあるわけではない。その姿を見るのはまだ画面の中。もちろんサウンドもスピーカー越しである。それでも……。

グルメ系ユーチューバーの動画で、食する以前に「うまいに決まっている」という文字が出ることがある。季節、素材や調理方法、たちのぼる匂いやこんもり盛られた料理の姿に美味を確信するのだろうが、ステアリングを握ったことのない「アルファ・ロメオ・ジュリアGTA」に同じ気持ちを抱く。「いいに決まっている」。

GTAはアルファ・ロメオの黄金のイニシャル。GTに添えられたA(Alleggerita)は軽量化を意味する。起源は1965年の「ジュリア スプリントGTA」。「スプリントGT」をスリムにして、直4 DOHCユニットの圧縮比を高め、ツインプラグを装着してパワーアップを図ったが、何よりGTAを伝説にしたのはツーリングカー選手権での活躍である。参戦マシンを作り上げたのは、かのアウトデルタ。日常ユースを前提にしたロードバージョンに潜む力を、目いっぱい引き出して多くの勝利を獲得した。「1日1回の勝利」は現在に至るまで語り草。これ以来、GTAはホットモデルの代名詞となったが、イタリア人にとってジュリアとGTAの合体は想像以上にホットであることを今回実感した。

GTAが発表になってすぐ「わずか3つですべてを語る最強のイニシャルの復活」とつづったイタリア人ジャーナリストがいた。興味深かったのは胸をキュンとさせるというより、(胸を)わしづかみにすると表現したこと。血を躍らせる3文字ということだろう。これはアルフィスタのみならずこの国の多くの自動車好きに共通する思いのようで、日ごろは自動運転からEVまで、いやそれ以前に、デビュー時期のもたつきをもって「何をやっても遅い俺たち」などと、自虐ネタの多いネットの書き込みが、今回ばかりは熱かった。

「アルファ、よくやった!」、「待ってました!」。称賛の嵐。ちなみに「ボクがステアリングを握る日は訪れないだろうけど、出たことがうれしい」こう書き込んだ若者がいた。GTAと、よりスパルタンなレース仕様「GTAm」(mはモディファイの意)を合わせて生産台数は500台とされ、価格は発表されていない。

2020年3月2日にデビューした、「アルファ・ロメオ・ジュリア」のハイパフォーマンスバージョン「GTA」。同ブランドの創立110周年を記念する特別な一台として開発された。
2020年3月2日にデビューした、「アルファ・ロメオ・ジュリア」のハイパフォーマンスバージョン「GTA」。同ブランドの創立110周年を記念する特別な一台として開発された。拡大
「ジュリアGTA/GTAm」では、ザウバーエンジニアリングがF1の世界で培ったノウハウを生かし、空力性能の向上が図られている。写真はGTAmで、リアにはカーボン製の大きなウイングが装着されている。
「ジュリアGTA/GTAm」では、ザウバーエンジニアリングがF1の世界で培ったノウハウを生かし、空力性能の向上が図られている。写真はGTAmで、リアにはカーボン製の大きなウイングが装着されている。拡大
「ジュリアGTA」の起源とされる「ジュリア スプリントGTA」(写真手前)。1965年に登場し、世界各地のレースで勝利を重ねた。以後、GTAの名はスポーティーなアルファ・ロメオの象徴となっている。
「ジュリアGTA」の起源とされる「ジュリア スプリントGTA」(写真手前)。1965年に登場し、世界各地のレースで勝利を重ねた。以後、GTAの名はスポーティーなアルファ・ロメオの象徴となっている。拡大
「ジュリアGTA」のボディーサイドには、アルファ・ロメオのオフィシャルレーシングチームであるアウトデルタのエンブレムが装着されている。
「ジュリアGTA」のボディーサイドには、アルファ・ロメオのオフィシャルレーシングチームであるアウトデルタのエンブレムが装着されている。拡大
アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る