「シトロエンC5エアクロスSUV」のガソリンターボモデル登場

2020.04.09 自動車ニュース
シトロエンC5エアクロスSUV
シトロエンC5エアクロスSUV拡大

グループPSAジャパンは2020年4月9日、シトロエンブランドのクロスオーバーSUV「C5エアクロスSUV」にガソリンエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

 
「シトロエンC5エアクロスSUV」のガソリンターボモデル登場の画像拡大

今回追加されたガソリンモデルに搭載されるのは最高出力180PS/5500rpm、最大トルク250N・m/1650rpmの1.6リッターターボユニット。トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュと共同開発した8段AT「EAT8」で、駆動方式はFFのみの設定となる。WLTCモードの燃費値は13.8km/リッター。車両重量は1520kgと公表されており、既存の2リッターディーゼルモデルより120kg軽いという点も見逃せない。

なお、そのディーゼルモデルも含めて、純正装着タイヤが235/55ZR18のオールシーズンタイヤから、225/55ZR18のサマータイヤへと変更されている。

価格はディーゼルモデルよりも22万9000円安い409万円。

(webCG)

関連キーワード:
C5エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • 「DS 3クロスバック」に最上級のインテリアパッケージ追加設定 2020.5.14 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年5月14日、コンパクトSUV「DS 3クロスバック」に、最上級のインテリアパッケージ「OPERA(オペラ)インスピレーション」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る