アウディが新型「A3セダン」を発表 コックピットや操作系のデジタル化を推進

2020.04.24 自動車ニュース
アウディA3セダン
アウディA3セダン拡大

独アウディは2020年4月21日(現地時間)、2代目となる新型「A3セダン」を公開した。欧州では同年4月末から受注を開始し、納車は同年夏にスタート。価格はエントリーレベルのガソリンエンジン搭載車で2万7700ユーロからとなる。

新型「A3セダン」は先代モデル比(欧州仕様車)で全長が40mm延長され4.5mとなった。ホイールベース値に変更はない。
新型「A3セダン」は先代モデル比(欧州仕様車)で全長が40mm延長され4.5mとなった。ホイールベース値に変更はない。拡大
新型「A3セダン」のインテリア。基本デザインは、先にフルモデルチェンジされた「A3スポーツバック」と共通である。
新型「A3セダン」のインテリア。基本デザインは、先にフルモデルチェンジされた「A3スポーツバック」と共通である。拡大
スイッチ類を削減し、10.1インチのタッチ式ディスプレイを中心にデザインされたインストゥルメントパネル。インフォテインメントシステムの操作は、この画面を用いて行われる。
スイッチ類を削減し、10.1インチのタッチ式ディスプレイを中心にデザインされたインストゥルメントパネル。インフォテインメントシステムの操作は、この画面を用いて行われる。拡大
搭載されるトランスミッションは6段MTもしくはデュアルクラッチ式ATの7段Sトロニックで、後者には新デザインのシフトスイッチが採用されている。
搭載されるトランスミッションは6段MTもしくはデュアルクラッチ式ATの7段Sトロニックで、後者には新デザインのシフトスイッチが採用されている。拡大
荷室容量は先代モデルと同じ425リッター。リアエンドは先代モデルよりも高く設定されている。ボディーデザインの見直しによって空力性能が向上。Cd値は0.25に抑えられた。トランクリッドに装着するカーボン製のリアスポイラーもオプション設定されている。
荷室容量は先代モデルと同じ425リッター。リアエンドは先代モデルよりも高く設定されている。ボディーデザインの見直しによって空力性能が向上。Cd値は0.25に抑えられた。トランクリッドに装着するカーボン製のリアスポイラーもオプション設定されている。拡大

初代モデルは「A3」シリーズ初のセダンとして、2013年3月27日にドイツで発表された。日本への導入は2014年1月14日で、高性能モデル「S3セダン」もラインナップされている。

今回発表の新型A3セダンは、先にフルモデルチェンジされた「A3スポーツバック」に続くもの。両者はフォルクスワーゲングループの横置きエンジン用モジュラープラットフォーム「MQB」をはじめ、多くのパートを共用している。

欧州仕様のボディーサイズは、先代モデル比で全長が40mm延長され4.5mとなり、全幅は20mm拡大され1.82mに、全高は10mm高くなって1.43mとなった。ボディー外寸の拡大と運転席のポジションを下げたことにより、フロントヘッドルームは20mm増加。エルボールームも広くなっているという。2.64mのホイールベースに変更はなく、荷室容量は425リッターと、こちらも先代モデルと変わらない。

エクステリアではクーペを連想させるルーフラインや大型のシングルフレームグリルを採用。最新のアウディ車に共通するデザインで構築されている。デザインの変更に伴いエアロダイナミクスを見直した結果、最高出力150PSを発生する2リッターTDIエンジン搭載車では先代モデルよりもCd値が0.04改善され、0.25に抑えられた。シングルフレームグリルの奥に設置された2つのルーバーモジュールを備えた電子制御式エアインテークも、Cd値の改善に貢献する最新デバイスであるとアナウンスされている。

ヘッドランプにマトリクスLEDテクノロジーが採用された最上位モデルでは、新デザインのデジタルデイタイムランニングライトが組み込まれている。このデイタイムランニングライトは3個ずつ5段に並べられた合計15個のLEDをそれぞれ個別に作動させることで、独自のライトシグネチャーを生み出すという。

インテリアについてはインストゥルメントパネルが水平基調のデザインでリニューアルされ、ドライバーに向かってわずかに傾斜している。ベースモデルにも10.25インチのデジタルメーターが装備され、オプションの「アウディバーチャルコックピットプラス」を選択すると、ディスプレイサイズは12.3インチに拡大される。メーターにはデザインの異なる3パターンが用意されており、これらを任意に切り替えられるほか、エンジン回転数と速度を赤いバーグラフで表示することも可能だ。

ダッシュボードの中央部分には10.1インチのタッチ式ディスプレイを標準装備。直感的な操作が可能であるほか、手書き文字検出機能や日常会話に対応したボイスコントロールシステム(オプションでクラウド機能も利用可能)も備わっている。

インフォテインメントシステム「MMIナビゲーションプラス」は、第3世代に進化。先代モデルの10倍という処理能力を誇り、通信機能もLTEアドバンスト規格に対応すると同時に、乗員のスマートフォンなどをインターネットに接続するWi-Fiホットスポット機能を備えている。MMIナビゲーションプラスは、オンライン交通情報やニュースに加え、写真、店舗の営業時間、POI(ポイント・オブ・インタレスト)に関するユーザーレビューなどの追加情報を含む「アウディコネクトサービス」を全車で利用できる。Apple CarPlay、Android Autoなどといった携帯端末との連携機能にも対応している。

搭載されるパワーユニットは、「35 TFSI」と呼ばれる最高出力150PSの1.5リッター直4ターボエンジンと、「35 TDI」と呼ばれる同150PSの2リッターディーゼルターボエンジンで、前者は新開発された6段MTおよび7段デュアルクラッチ式AT「Sトロニック」と、後者は7段Sトロニックのみと組み合わされる。

サスペンションには標準仕様やスポーツサスペンションのほかに、電子制御式ダンパーを備えたものが用意されている。電子制御式ダンパー装着車は「アウディドライブセレクトダイナミックハンドリングシステム」と連動。スポーティーな走りのほか、快適性や効率を重視した走りなど、目的別に走行設定を切り替えることができる。

日本への導入予定については明らかにされていない。

(webCG)

関連キーワード:
A3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • 「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場 2020.6.16 自動車ニュース アウディのコンパクトスポーツクーペ「TT」に、150台の限定モデル「Sライン コンペティション」が登場。「アウディ・クワトロ」の誕生40周年を記念して設定されたモデルで、よりスポーティーに仕立てられた内外装を特徴としている。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
ホームへ戻る