クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)/タイカン ターボ(4WD)

しっかりポルシェの味がする 2020.04.29 試乗記 2020年内にも国内での発売が予定されている、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。欧州の道でステアリングを握った筆者は、その走りの素晴らしさに、歴史あるスポーツカーブランドの真の実力を感じ取ったのだった。

ポルシェファンは心配ご無用

大容量のバッテリーを搭載し、内燃エンジンは搭載せず、電気モーターで走るクルマが、果たしてちゃんとポルシェらしいスポーツカーに仕上がっているのか。もし、そうなっているとして、そこに表現されるポルシェらしさとは一体何なのか。もちろん期待は大きかったけれど、実際に自分で試すまでは確信はできないでいたというのが本音だ。

それだけに不安で、しかし楽しみだったポルシェ・タイカンの初試乗は、結果的に安堵(あんど)と、歓喜をもたらすものになった。ポルシェ初のEV=電気自動車としてデビューしたタイカンは、紛(まご)うかたなきポルシェの走りをしっかりと実現していたのである。

2019年秋に筆者がステアリングを握ったのは、先陣を切って登場した「タイカン ターボ」、そして「タイカン ターボS」の2モデル。ラインナップには現在、「タイカン4S」も加わっている。

EVなのにターボと名付けることには、アレコレ意見もあるようだが、個人的には違和感はない。ポルシェの「ターボ」とは、つまり最高峰という意味である。むしろ、これ以外に付けるべき名前があるとは思えない。

あらためて説明するまでもなく、タイカンはテスラという明確なターゲットを見据えて開発された。彼らがアメリカだけでなくヨーロッパでもラグジュアリーカー市場を席巻しているのを、もはや黙って見過ごすことはできないのだ。

ポルシェブランド初の量産型電気自動車「タイカン」。2019年9月に世界初公開され、日本でも同年11月に披露された。
ポルシェブランド初の量産型電気自動車「タイカン」。2019年9月に世界初公開され、日本でも同年11月に披露された。拡大
空冷時代の「ポルシェ911」のものをイメージしてデザインされたコックピット周辺部。「タイカン」シリーズでは、現代のクルマらしく液晶パネルが多用されている。
空冷時代の「ポルシェ911」のものをイメージしてデザインされたコックピット周辺部。「タイカン」シリーズでは、現代のクルマらしく液晶パネルが多用されている。拡大
やや角張ったデザインが特徴的な「タイカン ターボS」のフロントシート。前後席の頭上に広がる大きなサンルーフも目を引く。
やや角張ったデザインが特徴的な「タイカン ターボS」のフロントシート。前後席の頭上に広がる大きなサンルーフも目を引く。拡大
リアエンドには「PORSCHE」ロゴが添えられる。立体的なデザインにより革新性が表現されている。
リアエンドには「PORSCHE」ロゴが添えられる。立体的なデザインにより革新性が表現されている。拡大

歴史あってのデザイン

ここで武器になるのは、先進感やパフォーマンスはもちろん、デザインまで含めた無数の歴史の引き出しを持つブランド力ということになる。その命題に対して、ポルシェはタイカンで百点満点の答えを出してきた。テスラのフォロワーではなく、まさにポルシェらしい一台がしっかりと生み出された。

象徴的なのがデザインだ。「パナメーラ」より全長が少々短く、そして若干幅広い4ドアクーペボディーは、紛れもなくポルシェであり、しかも最先端の匂いを漂わせている。ヘッドライト周辺などはいかにも斬新だが、フロントフェンダーやルーフラインなどは、ブランドのアイデンティティーに忠実。この伝統と革新がうまく融合したデザインは見事だ。

インテリアも同様である。ポルシェを、特に「911」を知る誰もが、まさしくポルシェ、しかもその最新型だとすぐに理解し、驚き、納得するに違いない。5連メーターや水平基調のダッシュボードは、空冷時代の911のオマージュ。しかし実はそのメーターは薄型TFTディスプレイに映し出されていて、表示内容を自在に変更できるし、それも含めて実に4枚のタッチディスプレイが組み合わされて、さまざまな機能を呼び出すことができる。

こうした内外装のデザインは、長い歴史を持ち、しかも911のような長寿モデルを持つポルシェにしかできないものだ。古くからのファンをニヤリとさせ、新しいファンを心酔させる、見事な仕事ぶりである。

同じポルシェブランドの4ドア・4シーターモデル「パナメーラ ターボ」と比べた場合、「タイカン ターボ/ターボS」の寸法は86mm短く、29mm幅広く、46mm低くなっている。ホイールベースは50mm短い2900mm。
同じポルシェブランドの4ドア・4シーターモデル「パナメーラ ターボ」と比べた場合、「タイカン ターボ/ターボS」の寸法は86mm短く、29mm幅広く、46mm低くなっている。ホイールベースは50mm短い2900mm。拡大
液晶タイプのメーターパネル。速度やシフトポジションのほか、電費、バッテリーの残量などさまざまな情報が表示される。
液晶タイプのメーターパネル。速度やシフトポジションのほか、電費、バッテリーの残量などさまざまな情報が表示される。拡大
小ぶりなシフトセレクター(写真中央)は、左右の座席間ではなく、ステアリングコラムの近くに配されている。
小ぶりなシフトセレクター(写真中央)は、左右の座席間ではなく、ステアリングコラムの近くに配されている。拡大
こちらは後席用の空調およびヒータースイッチ。ボタンやダイヤルではなく、タッチパネル式となっている。
こちらは後席用の空調およびヒータースイッチ。ボタンやダイヤルではなく、タッチパネル式となっている。拡大

ポルシェならではの一体感

このタイカン、当然ながら車体もすべて新設計となる。ホイールベースの間のフロアにバッテリーを敷き詰めるレイアウトはEVの定番だが、目を引くのは後席乗員の足元にあたる部分が空けてあること。これが着座位置を低くすることを可能にして、ポルシェらしいアーチ状のルーフラインを実現させたのだ。

電気モーターは前後アクスルそれぞれに搭載されており、スペックは最高峰のタイカン ターボSでシステム最高出力761PS、最大トルク1050N・mにも達する。リアアクスル側のみ2段ギアボックスが組み合わされるのは、鋭い加速と電費を両立させるため。おかげで0-100km/h加速は2.8秒を達成する一方、93kWhの大容量バッテリーとの組み合わせにより最大航続距離はWLTPモードで400kmを超える。

数値上だけでなく実際の加速、そして加速感は刺激的だ。静止状態からのスタートでは低回転域から発揮される電気モーターの分厚いトルクと4WDのトラクションのおかげで、まさにはじけるように加速が始まる。そして、途中でリアのギアボックスが高速側ギアに切り替わる時の軽いショックも良い演出になって、まさに血の気の引くような勢いで速度を高めていくのだ、200km/hを超えるところまで一直線に……。

絶対的には差があるのだろうが、最高出力680PS、最大トルク850N・mのタイカン ターボでも、加速感にはさほど違いはない。いずれにしても、EVの加速は速いけれど無味乾燥というイメージが、タイカンには当てはまらないのは確か。それでいて、実はアクセルをほとんど開けないような街中などの低速域、あるいは高速巡航時などの速度コントロール性も素晴らしく洗練されているのだ。こうした場面でのクルマとの高い一体感は、さすがポルシェである。

今回試乗した「タイカン ターボS」のシステム最高出力は761PSで、システム最大トルクは1050N・m。0-100km/h加速を2.8秒でこなし、最高速は260km/hに達する。
今回試乗した「タイカン ターボS」のシステム最高出力は761PSで、システム最大トルクは1050N・m。0-100km/h加速を2.8秒でこなし、最高速は260km/hに達する。拡大
ステアリングホイールのセンター右下には、他の最新のポルシェ車と同様に走行モードのセレクトダイヤルがレイアウトされている。
ステアリングホイールのセンター右下には、他の最新のポルシェ車と同様に走行モードのセレクトダイヤルがレイアウトされている。拡大
リアシートは2人掛けで、左右の座席間は小物入れスペースやアームレストにあてられている。写真は「タイカン ターボ」のもの。
リアシートは2人掛けで、左右の座席間は小物入れスペースやアームレストにあてられている。写真は「タイカン ターボ」のもの。拡大
高出力の直流充電ネットワークを使用した場合、5分の充電で100kmの走行が可能になる。一充電あたりの航続可能距離(WLTPモード)は、「タイカン ターボ」が381~450kmで、「タイカン ターボS」が388~412kmと公表される。
高出力の直流充電ネットワークを使用した場合、5分の充電で100kmの走行が可能になる。一充電あたりの航続可能距離(WLTPモード)は、「タイカン ターボ」が381~450kmで、「タイカン ターボS」が388~412kmと公表される。拡大

フットワークに感動

興味深いことにアクセルオフでの減速感は、通常でも、そしてステアリングスイッチで回生ブレーキを強めにしても、さほど強くはない。要はワンペダルドライブのようなことは考えられていないのだ。

それはポルシェの、スポーツカードライビングはどうあるべきかという哲学の反映である。減速の際にはブレーキペダルを踏み込むのが、その流儀。実は多くのメーカーが回生ブレーキの調整に使っているステアリングパドルも備わらない。しかしながら実際の制動力の90%は回生から得ているのだという。ペダルを踏んでも必ずしも油圧ブレーキが働いているわけではないのだ。そのペダルはタッチ、コントロール性とも秀逸で、その点でもポルシェの走りへの期待を裏切らない。

実は加速・減速だけでなくフットワークにも大いに感心、いや感動させられた。車重は2.3tもあるが、その重さの主因であるバッテリーをフロア下に置くレイアウトのおかげで、極めて低い重心と、ほぼイーブンの前後重量バランスが実現されているのが、何より大きい。

操舵と同時にノーズが何の抵抗感もなく狙った方へと向き始める一体感は、フロントにエンジンがあるクルマでは実現できないものだし、4輪操舵などを使わずともなお、自分を中心に旋回していくようなコーナリングが実現できているのはそうした基本的な素性に、さらに前後モーターによる巧みなトルク制御が相まってのものだろう。その上、ステアリングフィールも最近のポルシェの中ではギュッと実が詰まった感じで、「ポルシェに乗っているんだ」という充足感、そんなところでも高いのだ。

クルマとしての完成度はかように高いこのタイカン。ポルシェジャパンでは、日本での発売の際には多くの販売店、また都市部などに出力150kWの最新型CHAdeMO急速充電器を設置するなど、あわせてインフラの充実も図っていく予定という。上陸は今のところ2020年秋以降の予定。EVとしてはもちろん、純粋に最新のポルシェとして大いに魅力的な一台の登場は、市場に大きなインパクトをもたらすに違いない。

(文=島下泰久/写真=ポルシェ/編集=関 顕也)

「タイカン ターボS」「タイカン ターボ」ともに、前後アクスルに1基ずつモーターを搭載。駆動方式は4WDとなっている。リアには2段のトランスミッションが備わり、その切り替えにより加速優先/エネルギー効率優先の走りを実現する。
「タイカン ターボS」「タイカン ターボ」ともに、前後アクスルに1基ずつモーターを搭載。駆動方式は4WDとなっている。リアには2段のトランスミッションが備わり、その切り替えにより加速優先/エネルギー効率優先の走りを実現する。拡大
試乗車「タイカン ターボS」(写真)には、「タイカン ターボ」よりも1インチ大きな21インチのアルミホイールが装着されていた。
試乗車「タイカン ターボS」(写真)には、「タイカン ターボ」よりも1インチ大きな21インチのアルミホイールが装着されていた。拡大
メーターパネルのリムには、サスペンションや最低地上高の調節スイッチが並ぶ。
メーターパネルのリムには、サスペンションや最低地上高の調節スイッチが並ぶ。拡大
リアのラゲッジスペース(写真)は容量366リッター。フロントにも81リッターの積載スペースが確保される。
リアのラゲッジスペース(写真)は容量366リッター。フロントにも81リッターの積載スペースが確保される。拡大
日本での納車開始は2020年の後半が予定されている。価格は現時点では明らかにされていない。
日本での納車開始は2020年の後半が予定されている。価格は現時点では明らかにされていない。拡大
ポルシェ・タイカン ターボS
ポルシェ・タイカン ターボS拡大
「タイカン」専用デザインのヘッドランプ。他の最新のポルシェ車と同様、ひとつのランプは複数の光源で構成されている。
「タイカン」専用デザインのヘッドランプ。他の最新のポルシェ車と同様、ひとつのランプは複数の光源で構成されている。拡大

テスト車のデータ

ポルシェ・タイカン ターボS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4963×1966×1378mm
ホイールベース:2900mm
車重:2295kg(DIN)
駆動方式:4WD
モーター:永久磁石同期式電動モーター
フロントモーター最高出力:--PS(--kW)
フロントモーター最大トルク:--N・m(--kgf・m)
リアモーター最高出力:--PS(--kW)
リアモーター最大トルク:--N・m(--kgf・m)
システム最高出力:761PS(560kW)
システム最大トルク:1050N・m(107.1kgf・m)
タイヤ:(前)265/35ZR21 101Y XL/(後)305/30ZR21 104Y XL(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)
一充電最大走行可能距離:412km(WLTPモード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力量:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh

ポルシェ・タイカン ターボ
ポルシェ・タイカン ターボ拡大
「タイカン ターボ」の前席用エアコンスイッチ。空調の操作は、タッチパネル式のカラーディスプレイを介して行う。
「タイカン ターボ」の前席用エアコンスイッチ。空調の操作は、タッチパネル式のカラーディスプレイを介して行う。拡大

ポルシェ・タイカン ターボ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4963×1966×1381mm
ホイールベース:2900mm
車重:2305kg(DIN)
駆動方式:4WD
モーター:永久磁石同期式電動モーター
フロントモーター最高出力:--PS(--kW)
フロントモーター最大トルク:--N・m(--kgf・m)
リアモーター最高出力:--PS(--kW)
リアモーター最大トルク:--N・m(--kgf・m)
システム最高出力:680PS(500kW)
システム最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)
タイヤ:(前)245/45R20 103Y XL/(後)285/40R20 108Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
一充電最大走行可能距離:450km(WLTPモード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力量:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。