トヨタが「クラウン」を一部改良 デビュー65周年記念の特別仕様車も設定

2020.04.27 自動車ニュース
トヨタ・クラウンRS“リミテッド”(2.5リッターハイブリッド車)
トヨタ・クラウンRS“リミテッド”(2.5リッターハイブリッド車)拡大

トヨタ自動車は2020年4月27日、「クラウン」を一部改良するとともに3タイプの特別仕様車を設定し、同日、販売を開始した。

“リミテッド”はブラックスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを装備する。
“リミテッド”はブラックスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを装備する。拡大
「クラウンRS“リミテッド”」(2.5リッターハイブリッド車)のインテリア。
「クラウンRS“リミテッド”」(2.5リッターハイブリッド車)のインテリア。拡大

インフォテインメントシステムをアップデート

今回の改良では「T-Connect SDナビゲーションシステム」に「スマートデバイスリンク」や「Apple CarPlay」「Android Auto」といった携帯端末との連携機能を追加したほか、ドアトリムとインストゥルメントパネルの加飾に合皮を採用した(「G“エグゼクティブ”」と「G Four“エグゼクティブ”」グレードを除く)。また、「RS」「RS Four」の2グレードについては装備内容を厳選した仕様に変更した。

価格は「B」の469万5000円から、G“エグゼクティブ”の732万1000円まで。

クラウンS“エレガンススタイルII”(2.5リッターハイブリッド車)
クラウンS“エレガンススタイルII”(2.5リッターハイブリッド車)拡大
“エレガンススタイルII”のシート表皮はスエード調素材の「ブランノーブ」と合成皮革の組み合わせ
“エレガンススタイルII”のシート表皮はスエード調素材の「ブランノーブ」と合成皮革の組み合わせ拡大
“エレガンススタイルII”のインテリアカラーは「ブラック」と「ライトグレー」(写真)、そして「こがね」の全3種類。
“エレガンススタイルII”のインテリアカラーは「ブラック」と「ライトグレー」(写真)、そして「こがね」の全3種類。拡大

65周年記念の特別仕様車

特別仕様車については、クラウンのデビュー65周年を記念した“リミテッド”および“エレガンススタイルII”の2種類に加えて、2019年10月に発売した“スポーツスタイル”を再度設定した。

RS(2リッターガソリンターボ車、2.5リッターハイブリッド車)およびRS Four(2.5リッターハイブリッド車)をベースとする“リミテッド”は、ブラックスパッタリング塗装の18インチアルミホイールやファブリックと合成皮革を組み合わせた上質感とスポーツテイストを高めたシート(前席シートヒーター付き)などを採用。

安全装備のブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]や快適装備の助手席肩口パワーシートスイッチ(シートスライド&リクライニング)などをセットにした“Cパッケージ”相当のアイテムも装備する。

価格は「RS“リミテッド”」の2リッターガソリンターボ車(FR車)が516万9000円で、同2.5リッターハイブリッド車(FR車)が538万9000円。「RS Four“リミテッド”」(4WD車)が560万9000円。

クラウンS“スポーツスタイル”(2.5リッターハイブリッド車)
クラウンS“スポーツスタイル”(2.5リッターハイブリッド車)拡大
“スポーツスタイル”の内装はブラックとアクセントカラーの赤でコーディネートされる。
“スポーツスタイル”の内装はブラックとアクセントカラーの赤でコーディネートされる。拡大
 
トヨタが「クラウン」を一部改良 デビュー65周年記念の特別仕様車も設定の画像拡大

“エレガンススタイルII”は「S」(2リッターガソリンターボ車、2.5リッターハイブリッド車)および「S Four」(2.5リッターハイブリッド車)をベースに上質感向上を図った特別仕様車だ。

外装にはハイパークロームメタリックの18インチノイズリダクションアルミホイール&センターオーナメントと、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルを特別装備する。

内装には「ブラック」「ライトグレー」「こがね」の3色を設定し、シートはスエード調の「ブランノーブ」と合成皮革でコーディネート。センターコンソールパネルには美しい木目が特徴の黒木目(けやき調)を採用した。

“リミテッド”と同様、安全装備と快適装備を組み合わせた“Cパッケージ”相当のアイテムも装備する。

価格は「S“エレガンススタイルII”」の2リッターガソリンターボ車(FR車)が506万3000円で、同2.5リッターハイブリッド車(FR車)が528万3000円。「S Four“エレガンススタイルII”」(4WD車)が550万3000円。

 

“スポーツスタイル”のベースは“エレガンススタイルII”と同じSとS Four。内外装にスポーツテイストを高める特別装備が施される。

外装にはブラックスパッタリング塗装の18インチノイズリダクションアルミホイールとスモーク塗装のBi-Beam LEDヘッドランプおよびリアコンビランプ、スモークメッキを施したフロントグリルモールとフロントフォグランプリングなどを特別装備。大人のスポーティーを演出した。

内装はブラックを基調に、赤いアクセントカラーを配置した。

安全装備と快適装備を組み合わせた“Cパッケージ”相当のアイテムを装備するのは、上記の特別仕様車と同様だ。

価格は「S“スポーツスタイルII”」の2リッターガソリンターボ車(FR車)が506万3000円で、同2.5リッターハイブリッド車(FR車)が528万3000円。「S Four“スポーツスタイルII”」(4WD車)が550万3000円。

(webCG)

関連キーワード:
クラウン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る