第175回:不要不急の妄想

2020.05.12 カーマニア人間国宝への道

「ヤリスクロス」に好印象

緊急事態宣言下、新型車は出ず、広報車の貸し出しもほぼ止まり、自分の仕事に対する不要不急感も高いため、クルマに乗ってああだこうだという記事がなかなか作りづらくなっておりますが、こんな状況でもああだこうだ言えるのがデザインだ。

前回は、新型「ヤリス」のエクステリアが「毒虫のぬいぐるみ」っぽくて、どんだけ走りにほれ込んでも愛車にするのはムリ! ということを書いたが、そのSUV版「ヤリスクロス」の写真を見てビックリ。

まるで違うやないけ! これがホントにヤリスの派生モデル? 全然別のクルマに見えるけど!

考えてみれば、あるモデルをSUV化する場合、「インプレッサ」と「XV」の関係のように、「車高を上げてオーバーフェンダーを付けました」的な場合もあるが、近年は、ベースモデルのイメージを残しつつ、外装の共通部品はあんまりナシ、というのが多い。ヤリスクラスで言うと、「シトロエンC3」と「C3エアクロスSUV」や、「フォルクスワーゲン・ポロ」と「Tクロス」などの関係がそれに当たる。

共通部品があんまりないのなら、デザインイメージからガラッと変えてしまっても、コスト的には大差ないのだろう。

とにかくヤリスクロスのエクステリアは、ヤリスとは印象がまるで違う。ここまで違うと、「ヤリスのアイデンティティーって何?」という気もしてくるが、そんなことより大事なのは、そのデザインがいいか悪いか、あるいは好きか嫌いかだ。自分が買うのはどっちか1台だけなのですから。

で、私は思った。「このデザイン、好き!」って。これだったらまったく違和感ナシ! ごくフツーにカッコいいです!

2020年秋に発売予定の新型車「トヨタ・ヤリスクロス」。「ヤリス」同様、TNGAプラットフォーム(GA-B)とハイブリッドシステムを採用。
2020年秋に発売予定の新型車「トヨタ・ヤリスクロス」。「ヤリス」同様、TNGAプラットフォーム(GA-B)とハイブリッドシステムを採用。拡大
新型トヨタ・ヤリス
新型トヨタ・ヤリス拡大
シトロエンC3(写真=シトロエン・ジャポン)
シトロエンC3(写真=シトロエン・ジャポン)拡大
シトロエンC3エアクロスSUV(写真=池之平昌信)
シトロエンC3エアクロスSUV(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • 第176回:フェラーリ車両保険物語 2020.5.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第176回は「フェラーリ車両保険物語」。スーパーカー購入の最大の壁は、高額かつ審査の厳しい自動車保険。最低限の補償内容からフルサポートへと大出世を遂げた筆者の、血と涙の節約エピソードを紹介。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • トヨタが新型SUV「ヤリスクロス」を世界初公開 2020.4.24 自動車ニュース トヨタ自動車が新型車「ヤリスクロス」を世界初公開した。「ヤリス」の資質を継承するSUVであり、ヤリスブランドで築いてきた「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指して開発されている。
  • 「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ 元祖“都市型SUV”が4代目に進化 2020.4.13 自動車ニュース トヨタが新型「ハリアー」の概要を発表。4代目となる今回のモデルでは、新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用するなど、従来モデルからすべてを刷新。新しくなったデザインや、より高性能かつ多機能となった予防安全装備もトピックとなっている。
ホームへ戻る