第176回:フェラーリ車両保険物語

2020.05.19 カーマニア人間国宝への道

保険をめぐる奥深い世界

全国的にステイホームな日々が続いています。そこで今回は静かな話題、フェラーリの自動車保険の話を書きたいと思います。

というのも私儀、先日フェラーリを増車(「348GTS」を購入)し、新たに保険に加入する必要があったものですから。

実は、庶民がフェラーリを購入する場合、保険こそが最大の壁だったりします。そこには大変奥の深い世界が存在いたします。

私の場合、自家用車が3台(「フェラーリ328GTS」「BMW 320d」「シトロエンDS3」)あり、すべて20等級でした。よって今回は、保険料節約のため、DS3の保険を348GTSに入れ替えました。

すると驚いたことに、残期間10カ月ではありますが、追加保険料がたったの1万3800円! これには本当にビックリ!

保険の内容は、ともにごく普通のフルサポートで、車両価格はDS3が120万円、348GTSが800万円という設定です。348は実際には990万円でしたが、平均相場は600万円くらいなので仕方ありません。

違うのは車両免責額(事故の際の自己負担額)で、DS3は1回目10万円(2回目以降も同様)だったのを、348はともに20万円にしました。

今日び、車両保険を使うと翌年以降の保険料がドカンと跳ね上がるので、クルマをぶつけたとしても、保険を使うのはかなりグッチャグチャにしちゃった時だけ。よってフェラーリの車両保険は、免責を上限の20万円に設定しているのです。

こうすると、保険会社によって異なりますが、免責0円に比べて24%くらい保険料がお安くなる。10万円でも17%割引です。

ということで、今回の車両入れ替えでは、年間保険料が7万0480円から8万4280円に変更になったのでありました。安っ……。

フェラーリ348GTS(写真=池之平昌信)
フェラーリ348GTS(写真=池之平昌信)拡大
フェラーリ328GTS(写真=木村博道)
フェラーリ328GTS(写真=木村博道)拡大
BMW 320d(写真=池之平昌信)
BMW 320d(写真=池之平昌信)拡大
シトロエンDS3
シトロエンDS3拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る