「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場

2020.05.08 自動車ニュース
トライアンフ・スピードツイン ライトニングエディション
トライアンフ・スピードツイン ライトニングエディション拡大

東京都内でトライアンフの正規販売事業を手がけるSONIC MOTORSは2020年5月8日、大型二輪モデル「トライアンフ・スピードツイン」の特別仕様車「Lightning Edition(ライトニングエディション)」を発表した。

 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
SONIC MOTORSのオフィシャルフレンド&ライダーである、タレントの采女 華。
SONIC MOTORSのオフィシャルフレンド&ライダーである、タレントの采女 華。拡大

采女 華との共同プロデュースによる受注生産モデル

スピードツイン ライトニングエディションは、SONIC MOTORSが運営する新ショールーム「トライアンフ東京ベイ」のオープンを記念したアニバーサリーモデルであり、同社のオフィシャルフレンド&ライダーである、タレントの采女 華(うねめ はな)との共同プロデュースによって製作された。

特徴は同氏がこだわったというクラシカルなブルーのカラーリングで、見る角度によって色味の変わる複雑かつ深みのあるカラーを採用。フューエルタンクにはSONIC MOTORSのロゴをモチーフにしたゴールドのピンストライプや、1915年当時のクラシカルな「Triumph」のロゴを施している。

スタイリングについては、やはりブルーのカラーリングにゴールドのピンストライプが描かれたフロントフェアリングも特徴で、こちらの装備は購入時に有無の選択が可能となっている。このほかにも、シート下には3ケタまでの好きなナンバーを書き込めるゼッケンプレートを装着。サイドミラーやウインカーなど、細部にも手が加えられている。

また走りに関する点では、リアサスペンションにナイトロンジャパンの専用ツインショックを装備。体重の軽い日本人でもバイクの沈み込みを感じられるようチューニングがなされているという。

価格は198万円で、専用フロントフェアリングは取り付け工賃込みで3万円。SONIC MOTORSが運営するトライアンフ東京ベイと「トライアンフ東京」において、受注販売される。

(webCG)

◆関連ニュース:東京・江戸川区に「トライアンフ東京ベイ」がオープン

関連キーワード:
スピードツイン, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・トライデント660 2020.10.30 画像・写真 英国のバイクメーカーの老舗トライアンフから、660ccの3気筒エンジンを搭載したネイキッドモデル「トライデント660」が登場。既存のラインナップとは趣を異にするトライアンフ久々のブランニューモデルを、写真で紹介する。
  • トライアンフ・トライデント660 2021.1.25 画像・写真 トライアンフの新型モーターサイクル「トライデント660」が、東京・渋谷の「代官山 蔦屋書店」に展示された。新開発の水冷3気筒エンジンを搭載した、軽快なミドルクラス・ネイキッドモデルの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • トライアンフが「トライデント660」を発表 排気量660ccの新型ロードスポーツモデル 2020.10.30 自動車ニュース 英トライアンフが新型二輪モデル「トライデント660」を発表。660ccの3気筒エンジンを搭載したミドルクラスのネイキッドモデルで、扱いやすいキャラクターや充実した電子装備が特徴。価格は97万9000円で、国産車ユーザーの取り込みも見込んでいる。
  • ホンダCBR600RR(6MT)【レビュー】 2021.1.21 試乗記 ホンダのミドル級スーパースポーツモデル「CBR600RR」が復活。レースでの勝利を目的に開発された新型は、ライディングの基礎を学ぶのにも、サーキットでのスキルを磨くのにも好適な、ホンダらしい誠実さを感じさせるマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る