「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全に

2020.05.12 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴEDC
ルノー・トゥインゴEDC拡大

ルノー・ジャポンは2020年5月12日、コンパクトカー「トゥインゴEDC」「トゥインゴEDCキャンバストップ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

リアカメラの映像をセンターモニターに表示することで、より安全な駐車が可能に。
リアカメラの映像をセンターモニターに表示することで、より安全な駐車が可能に。拡大
 
「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全にの画像拡大

今回の主なトピックは、安全装備の充実。駐車等をサポートするリアカメラとバックソナーが標準化された。

価格は以下のとおり。

  • トゥインゴEDC:201万5000円
  • トゥインゴEDCキャンバストップ:213万5000円

同時に、これにMT車の「トゥインゴS」を加えた3モデルについて、サイドストライプのデザインが従来のドット模様から3本のラインに変更された。ボディーカラーは「ジョンマンゴ―」「ブルードラジェ」を含む全5色で、それぞれに合わせた配色パターンのストライプが採用されている。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
ホームへ戻る