第35回:ほった家のお家騒動

2020.05.23 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
この写真ですが、実家の近所の霊園で撮影しました。……ヘンなもん写ってないですよね?
この写真ですが、実家の近所の霊園で撮影しました。……ヘンなもん写ってないですよね?拡大

webCGほったの実家で、マイカーの買い替え騒動がぼっ発! 大食漢の「ダッジ・バイパー」以上に記者を振り回す父の言動。今日の常識をくつがえすような自動車への要望……。小市民のクルマ探しにみる悲喜こもごもを、赤裸々につづる。

 
過日の京都旅行における父母へのお土産(遠州森町PAにて購入)。今回は「バイパー」ではなく、実家のマイカー買い替えのお話である。
過日の京都旅行における父母へのお土産(遠州森町PAにて購入)。今回は「バイパー」ではなく、実家のマイカー買い替えのお話である。拡大
一応報告しておくと、「バイパー」は今日も元気である。こうして日産ショールームを借景に写真を撮ると、まるでバイパーがゼロエミッション車のようですね。実際には希代のハイエミッション野郎なわけですが。
一応報告しておくと、「バイパー」は今日も元気である。こうして日産ショールームを借景に写真を撮ると、まるでバイパーがゼロエミッション車のようですね。実際には希代のハイエミッション野郎なわけですが。拡大
「貯金残高~」という話で思い出したのが「バイパー」の車検。なんとアンダー20万円で済みました! バイパーだって壊れてなければ、このくらいの車検代で済むのですよ。……まぁ、今まで散々修理してきた結果でもあるんですがね。
「貯金残高~」という話で思い出したのが「バイパー」の車検。なんとアンダー20万円で済みました! バイパーだって壊れてなければ、このくらいの車検代で済むのですよ。……まぁ、今まで散々修理してきた結果でもあるんですがね。拡大
「貯金残高~」という話で思い出したんだが(ver.2)、わが「バイパー」もついに“13年超”の旧車増税対象車に。自動車税は、今回より+15%の12万7600円と相成りました。シビれるぜ……。
「貯金残高~」という話で思い出したんだが(ver.2)、わが「バイパー」もついに“13年超”の旧車増税対象車に。自動車税は、今回より+15%の12万7600円と相成りました。シビれるぜ……。拡大

戦慄のショートメール

このような場末の不定期連載ですら、更新されるたびに読みに来られるしぶとい読者諸兄姉の皆さま、こんにちは。そしてご無沙汰しておりました。webCGほったです。

早速ですが、「またも壊れた」あるいは「ついに貯金残高が尽きた」という報をお待ちの向きには申し訳ない。今回の主役は「ダッジ・バイパー」ではない。今回は、わが実家のクルマ買い替えのお話である。本来ならば当連載で語る内容ではないかもしれないが、高齢化社会を迎えて久しいニッポンの事情を思えば、読者諸兄姉にもきっとご共感いただけるだろう(?)出来事だったので、ここに記すことにした。普段とは毛色の違う記事ではあるが、ご容赦ください。

さて、ことの始まりは2020年1月11日。わがスマホに一通のショートメールが届いた。時はちょうど仕事終わりの頃。誰やねんと思ったら、わが父からの電報である。こないだ正月に顔を合わせたばかりだというのに、何の用事かしらと思って画面をタップし、目をむいた。

「クルマぶつけちゃった。明日スバルに相談に行って決める」

まさかの事故の報告である。しかも言葉が軽すぎ。内容スカスカ。どんな事故だったのかがさっぱりわからん。だいたい、後半の“スバルに行って決める”って何? 何を決めるというの?

せっかく帰りの電車で座れたというのに、仕方なく途中下車。高円寺駅のプラットフォームより父の携帯に電話をくれた。程なくして応答した父の能天気な「もしもし」にひとまず安堵(あんど)。次いでなんだかムッとした。

かいつまんで話を聞いたところ、コトはいわゆる接触事故であったようだ。詳細は割愛させていただくが、幸いなことに負傷者はなし。ただしわが家の「スバル・フォレスター」は相応に損傷した様子で、上述の“スバルに行って決める”というのは、修理の見積もりを出してもらい、直すか、クルマを買い替えるかを決めるという旨だったようだ。言葉足らずもいいところである。

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバー 2020.6.10 自動車ニュース ダイハツがクロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」を発売。個性的なデザインやガラスルーフ、機能的なラゲッジスペースが特徴の新モデルで、予防安全装備やコネクテッドシステムについてもダイハツ最新の機器が搭載されている。
ホームへ戻る