世界限定100台! 「ロータス・エリーゼ クラシックヘリテージエディション」登場

2020.05.15 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼ クラシックヘリテージエディション」。カラーリングはF1で5度の勝利を手にした「ロータス・タイプ72D」がテーマの「ブラック/ゴールド」。
「ロータス・エリーゼ クラシックヘリテージエディション」。カラーリングはF1で5度の勝利を手にした「ロータス・タイプ72D」がテーマの「ブラック/ゴールド」。拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2020年5月15日、「エリーゼ」の限定車「クラシックヘリテージエディション」の注文受け付けを開始した。世界限定100台のみが生産される。

「ブラック/ゴールド」のインテリア。
「ブラック/ゴールド」のインテリア。拡大
グラハム・ヒルが1968年に駆った「タイプ49B」をモチーフとした「レッド/ホワイト/ゴールド」。
グラハム・ヒルが1968年に駆った「タイプ49B」をモチーフとした「レッド/ホワイト/ゴールド」。拡大
「レッド/ホワイト/ゴールド」のインテリア。
「レッド/ホワイト/ゴールド」のインテリア。拡大
1980年の「タイプ81」をイメージしたという「ブルー/レッド/シルバー」。
1980年の「タイプ81」をイメージしたという「ブルー/レッド/シルバー」。拡大
「ブルー/レッド/シルバー」のインテリア。
「ブルー/レッド/シルバー」のインテリア。拡大
1960年の「タイプ18」にささげられた「ブルー/ホワイト」。
1960年の「タイプ18」にささげられた「ブルー/ホワイト」。拡大
「ブルー/ホワイト」のインテリア。このカラーリングのみ、エクステリアでは採用していないレッドをシートセンターにチョイスしている。
「ブルー/ホワイト」のインテリア。このカラーリングのみ、エクステリアでは採用していないレッドをシートセンターにチョイスしている。拡大
 
世界限定100台! 「ロータス・エリーゼ クラシックヘリテージエディション」登場の画像拡大

ロータス・エリーゼ クラシックヘリテージエディションのベースは最高出力220PS、最大トルク250N・mの1.8リッタースーパーチャージャー付きエンジンを搭載した「エリーゼ スポーツ220 II」。内外装にロータスの輝かしいレーシングヒストリーをテーマとしたカラーリングを採用しているのが特徴だ。

エクステリアカラーのコンビネーションは「ブラック/ゴールド」「レッド/ホワイト/ゴールド」「ブルー/レッド/シルバー」「ブルー/ホワイト」の全4タイプを用意する。

ブラック/ゴールドはエマーソン・フィッティパルディが1972年のF1で5度の勝利を手にした「タイプ72D」がテーマ。レッド/ホワイト/ゴールドはグラハム・ヒルが1968年に駆った「タイプ49B」を反映し、ブルー/レッド/シルバーはナイジェル・マンセルとエリオ・デ・アンジェリス、マリオ・アンドレッティが1980年にドライブした「タイプ81」をイメージしているという。そしてブルー/ホワイトは1960年の「タイプ18」にささげられたカラーリングだ。同車は60年前にサー・スターリング・モスがロータス車で初めてF1のポールポジションを獲得し、初勝利を挙げたメモリアルなモデルとなっている。

インテリアのカラーパックも標準装備される。エクステリアに合わせたアッパードアトリムとシートセンターインサート、さらに各モデルを象徴するカラーリングのギアセレクターサラウンドとダッシュボードを採用。ブルー/ホワイトの車両のみ、レッドアルカンターラのシートセンターがチョイスされている。また、ダッシュボードには限定生産モデルであることを表すビルドプレートが飾られる。

クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ&4スピーカー(日本仕様のみ)やエアコン(日本仕様のみ)に加えて、クルーズコントロールや超軽量鍛造ブラックダイヤモンドカットアルミホイール、2ピースブレーキディスク、フルブラックカーペットとブラックカーペット(フロアマット)など、通常はオプション扱いとなるアイテムが標準装備となるのも特徴だ。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • クラシックヘリテージエディション特別ペイント&デカール(ブラック/ゴールド<モータースポーツブラック/ゴールドデカール>、レッド/ホワイト/ゴールド<アーデントレッド/ゴールド&ホワイトデカール>、ブルー/レッド/シルバー<エセックスブルー/レッド&シルバーデカール>ブルー/ホワイト<ナイトフォールブルー/ホワイトデカール>)
  • 2ピースブレーキディスク
  • 10スポーク軽量鍛造ブラックダイヤモンドカットアルミホイール
  • ブラックアルカンターラステアリングホイール
  • 専用インテリアカラーパック
  • 専用センターコンソール
  • 特別ステッチ
  • 専用シートトリムデザイン
  • ヘリテージ特別プレート
  • エアコンディショニング
  • クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ&4スピーカー
  • クルーズコントロール
  • フルブラックカーペットとブラックカーペット(フロアマット) 

価格はベース車から77万円アップの759万円。特別デカールやクラシックヘリテージエディション専用仕様などの価格算出の難しいものを除いても、110万5500円相当のオプションを備えた「大変お得な限定車」というのがロータスの主張だ。

ボディーのカラーリングごとの台数制限はなく、注文に応じて生産台数が割り当てられる。日本でのデリバリー開始は2020年11月以降となる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エリーゼ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
ホームへ戻る