クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)

宣戦布告の一撃 2020.05.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
 
「シボレー・コルベット」は、1953年に誕生した米国を代表するスポーツカー。最新モデルは2019年7月18日に発表された8代目で、同車で初となるミドシップレイアウトを採用した。写真は初代(左奥)から最新モデル(右手前)までが並んだ様子。
「シボレー・コルベット」は、1953年に誕生した米国を代表するスポーツカー。最新モデルは2019年7月18日に発表された8代目で、同車で初となるミドシップレイアウトを採用した。写真は初代(左奥)から最新モデル(右手前)までが並んだ様子。拡大
全面刷新されたボディーは、空力と冷却性能を最適化。約290km/hでの走行時におけるダウンフォースは約181.4kgになるという。
全面刷新されたボディーは、空力と冷却性能を最適化。約290km/hでの走行時におけるダウンフォースは約181.4kgになるという。拡大
リアミドに搭載されるパワーユニットは、スモールブロックと呼ばれる6.2リッターV8 OHV 16バルブを継承。オイル供給システムは、全モデルでドライサンプ式となっている。
リアミドに搭載されるパワーユニットは、スモールブロックと呼ばれる6.2リッターV8 OHV 16バルブを継承。オイル供給システムは、全モデルでドライサンプ式となっている。拡大
テールランプデザインは先代「C7」の流れをくむもの。オープンツーピースリアスポイラーは標準装備のアイテム。
テールランプデザインは先代「C7」の流れをくむもの。オープンツーピースリアスポイラーは標準装備のアイテム。拡大
デイタイムランニングが内蔵されたLEDヘッドライトを標準装備。カーボン製のフロントグリルパーツもオプションで用意されている。
デイタイムランニングが内蔵されたLEDヘッドライトを標準装備。カーボン製のフロントグリルパーツもオプションで用意されている。拡大

FRは限界だった?

コルベット史上、最大の問題作であることは間違いないだろう。なにしろ通算8世代目にして、ずっと貫いてきたFRからミドシップへの大転換を果たしたのだから。

ファンにとって気がかりなのは「それでもコルベットと呼べるクルマになっているのか?」ということだろう。さらに言えば、ミドシップ化によってどれだけのパフォーマンス向上を果たしているのか、ライバルとなるのはどんなモデルかということも気になるところだ。

それゆえに、いつにも増して楽しみにしていた試乗のチャンス。2月末にラスベガスで開催された国際試乗会では、はやる気持ちを抑えて、まずは開発メンバーに疑問を直接ぶつけてみた。コルベットは、なぜ今ミドシップ化せねばならなかったのだろうか?

「先代ではFRレイアウトで可能な限界に到達できたと考えています。これ以上の走り、そして感動を実現するにはミドシップ化しかない。今回はそう決断したのです。」

振り返ればコルベットは5世代目の「C5」からトランスアクスルレイアウトを採用して前後重量配分の均等化、後輪荷重の増加を図ってきた。昔のイメージで売り続けるつもりならば、大パワーでリアタイヤを思い切りホイールスピンさせてもよかったかもしれないが、コルベットは世界のスポーツカーを相手に、パフォーマンスを高める道を選んだのである。

この頃からコルベットが、モータースポーツ活動を強化していたことも無関係ではないだろう。結果、ルマン24時間レースで優勝を飾るなど、じわじわとアメリカ以外の地域でもアピールする存在になってきていたのだ。

よって新型が、その路線を踏襲、発展させるのは当然だった。最高峰の「ZR1」ですでに766HPに達していたパワーをさらに上乗せしていくには、もはやFRでは限界。レースを考えても、同カテゴリーの「ポルシェ911」ですら「RSR」でミドシップレイアウトを採用しているなか、FRでは勝算は大きくなさそう。そう考えれば、まさしくミドシップこそコルベットが取り得る、唯一の道だったわけである。

 
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4630×1934×1234mm、ホイールベース=2722mm。前後のオーバーハングが短く、前進したキャビンが特徴だ。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4630×1934×1234mm、ホイールベース=2722mm。前後のオーバーハングが短く、前進したキャビンが特徴だ。拡大
戦闘機のコックピットがモチーフとなる「C8」のインテリア。センターコンソールの右側一列に空調やシートのベンチレーションスイッチなどが整然と並べられている。
戦闘機のコックピットがモチーフとなる「C8」のインテリア。センターコンソールの右側一列に空調やシートのベンチレーションスイッチなどが整然と並べられている。拡大
メータークラスターには12インチ、ダッシュボード中央に位置するインフォテインメント用のモニターには8インチの液晶パネルを採用。
メータークラスターには12インチ、ダッシュボード中央に位置するインフォテインメント用のモニターには8インチの液晶パネルを採用。拡大
リアにゴルフバッグが2セット入るという荷室が備わるほか、フロントにも荷室を用意。前後合わせて容量は約357リッターとなる。
リアにゴルフバッグが2セット入るという荷室が備わるほか、フロントにも荷室を用意。前後合わせて容量は約357リッターとなる。拡大
リアハッチには3.2mm厚の軽量なガラスパネルが備わり、外から「LT2」エンジンを眺めることができる。
リアハッチには3.2mm厚の軽量なガラスパネルが備わり、外から「LT2」エンジンを眺めることができる。拡大

秀逸なパッケージング

アルミを中心にCFRP、マグネシウムなど軽量素材を組み合わせて新設計された車体の、キャビン背後に積まれるエンジンは伝統のV型8気筒OHV。FR時代に異例なほどのボンネットの低さを可能にしていたドライサンプのOHVエンジンは、ミドシップでも低重心化に大いに貢献している。トランスミッションは8段DCTを組み合わせる。

エンジンがなくなったフロント部分だけでなく、リアにも取り外した脱着式のルーフトップ、あるいはゴルフバッグを最低1セット収める余裕が欲しかったからだろう。全長が優に100mm以上伸ばされたボディーは、一方でノーズが短くキャビンフォワードで、従来とは大きくイメージを違えている。ディテールには従来型から継承されてきたモチーフも多く使われているのだが、個人的には「C6」や「C7」に比べて最新のC8は、ちょっと子どもっぽいかなと感じてしまう。

そんな風にいろいろ思いはするのだが、実際に走らせてみれば、乗り心地はゆったりとしているし、聞こえてくる方向は変わっても耳に届くのは聞き慣れたV型8気筒OHVのサウンドである。これまで通り脱着可能なルーフをオープンにして、低回転域からトルキーなこのエンジンをうたわせながらゆったり流していると、やはりこれは他でもないコルベットだなと納得させられていく。

もちろん、変わっていないわけではない。そこに長いノーズがないフロントウィンドウ越しの景色は、やはりちょっとだけ寂しい。けれども、代わりに格段に開けた視界のおかげで、クルマの“手の内感”は格段に増している。ボディーの剛性感が高く、サスペンションスプリングが従来の横置き樹脂製リーフからオーソドックスなコイルに換えられたおかげか、姿勢もピシッと落ち着いている。

しかもペースを上げれば、やはりミドシップ。いたずらにクイックではないステアリングは正確なレスポンスを示し、思った通りにノーズをインに向ける。旋回姿勢の良さ、そして容易に挙動を乱しそうにない高い安心感は、低重心のOHVユニットを車体の中心近くに積むパッケージの勝利だ。

想定されるライバルは?

サーキットでは、重心の低さを絶大なトラクション性能としても実感できる。495HPまで高められた出力をリアタイヤが、容易にホイールスピンさせることなく路面にしっかりと伝え、クルマを力強く前に進めてくれるのだ。正直、先代まではサーキットを走るのは、攻めるというよりガマンという感もあったが、新型はしっかり攻められるマシンに進化しているのである。

間違いなく、これがミドシップ化の最大の恩恵である。この後、追加されるに違いない「Z06」やZR1のようなハイパフォーマンスモデルも、従来型よりずっとラップタイムが短縮され、ずっとコントローラブルな存在となるに違いない。

おそらく想定しているライバルの筆頭は「ポルシェ911カレラS」だろう。開発の際には、PDKはよく研究したというから、絶対的なパフォーマンスだけでなく日常のドライバビリティー、使い勝手もここをベンチマークとしていたのは間違いない。

実際、8段DCTは初出とは思えないほど制御が洗練されているし、普段使いで引っかかりそうなところは、あえて言えばサイズくらい。例のニュルブルクリンク北コースのラップタイムは、911カレラSが7分25秒。対するコルベットは7分30秒を下回るとだけ発表されている。まあ、同じようなレベルと考えていいはずである。価格を考えても、これはいい戦いになりそうだ。

米ラスベガスのストリップと称される大通りを走行する最新の「コルベット」。サスペンションは前後ダブルウイッシュボーン式を継承するが、もちろん新設計されたものだ。
米ラスベガスのストリップと称される大通りを走行する最新の「コルベット」。サスペンションは前後ダブルウイッシュボーン式を継承するが、もちろん新設計されたものだ。拡大
6.2リッターV8 OHVエンジンには、新開発の8段DCTが組み合わされる。シフトレバーは無く、走行時の変速はステアリング奥のパドルでのみ行える。
6.2リッターV8 OHVエンジンには、新開発の8段DCTが組み合わされる。シフトレバーは無く、走行時の変速はステアリング奥のパドルでのみ行える。拡大
左右ともにバケットタイプの8ウェイ電動シートを標準装備。シートベルトは写真のレッドを含む、計5色から選択できる。
左右ともにバケットタイプの8ウェイ電動シートを標準装備。シートベルトは写真のレッドを含む、計5色から選択できる。拡大
リアフェンダーに備わるエアインテーク。ブラックの部分がカーボン製となるカーボンフラッシュエクステリアアクセント(前後グリルとセット)も用意されている。
リアフェンダーに備わるエアインテーク。ブラックの部分がカーボン製となるカーボンフラッシュエクステリアアクセント(前後グリルとセット)も用意されている。拡大
 
気軽にオープンエアドライブを楽しめる脱着式のルーフは「C3」からの伝統。最新の「コルベット」でも継承されている。
気軽にオープンエアドライブを楽しめる脱着式のルーフは「C3」からの伝統。最新の「コルベット」でも継承されている。拡大
脱着式ルーフは、リアの荷室にぴったり収納可能。ボディー同色(写真)のほか軽量なカーボン製もオプションで選択できる。
脱着式ルーフは、リアの荷室にぴったり収納可能。ボディー同色(写真)のほか軽量なカーボン製もオプションで選択できる。拡大
「Z51パフォーマンスパッケージ」が装着された「コルベット」。磁性流体式減衰力可変ダンパー「マグネティックライド」や、前245/35ZR19、後ろ305/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤがセットになっている。
「Z51パフォーマンスパッケージ」が装着された「コルベット」。磁性流体式減衰力可変ダンパー「マグネティックライド」や、前245/35ZR19、後ろ305/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤがセットになっている。拡大
「C8」のカットモデル。ミドシップ化に伴い、新開発のアルミスペースフレームが採用されている。
「C8」のカットモデル。ミドシップ化に伴い、新開発のアルミスペースフレームが採用されている。拡大
米国では「C7」と同様に最新の「C8」も「コルベット スティングレイ」という名称になるが、日本では従来と同様に車名は「コルベット」とされる。日本での価格も発表済みで、「2LT」が1180万円、「3LT」が1400万円。
米国では「C7」と同様に最新の「C8」も「コルベット スティングレイ」という名称になるが、日本では従来と同様に車名は「コルベット」とされる。日本での価格も発表済みで、「2LT」が1180万円、「3LT」が1400万円。拡大

高性能モデルもスタンバイ

価格とパフォーマンスで比較すれば、「日産GT-R」も視界に入ってくる。近年、標準車のラップタイムは発表されていないが、まだ「NISMO」がない頃の2011年モデルが7分20秒を切っているので、おおよそその辺りだろうか。GT-Rはフロントエンジンのまま4WD化でトラクションを稼ぎ、軽くない車体を今や570PSにも達するターボパワーで強引に加速させる。重量増を理由に4WDは考慮しなかったというコルベットとは、真逆の方向性と言ってもいい。

速さは同じか、やや劣るくらい。しかし速く走らせていない時の扱いやすさ、快感では断然コルベットだろう。もっとも、この2台で真剣に悩むという人は、まずいないだろうが。

同じミドシップの「ホンダNSX」は、ニュルブルクリンクのタイムではおそらくコルベットに及ばない。ミドシップのリアのトラクションに、さらに電気モーター駆動のフロントを組み合わせて、新しいドラビングプレジャーを追求するのがその開発の主眼で、車重もあり、必ずしもタイム狙いではないと見るべきだろうか。ドライビング体験は、電子制御になるべく頼らずパフォーマンスを追い求めたコルベットとは、ずいぶん異なるものだといえる。同じミドシップではあるが、GT-R以上に別物。もっと言えば、ゴルフバッグを収める余裕のないパッケージングも、コルベット側からしてみれば、論外に違いない。

新型コルベットのパフォーマンスは、もはやスーパースポーツカーの領域に片足を突っ込んでいると言ってもいい。FRのいかにもなアメリカンスポーツらしさは復権してきた「カマロ」に継承させ、コルベットは世界を相手に戦う。それこそ、今後登場するであろうZ06やZR1などのモデルは、フェラーリすらも脅かす走りを見せるだろう。そんな宣戦布告の一撃として、新型コルベットは大成功を収めたと言っていいのではないだろうか。

世界のスポーツカーメーカーが今、新型コルベットを倒すべきライバルのリストに入れたはずである。これからまた市場で、そしてサーキットで、激しい戦いが始まるのだ。

(文=島下泰久/写真=ゼネラルモーターズ/編集=櫻井健一)

テスト車のデータ

シボレー・コルベット スティングレイ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4630×1934×1234mm
ホイールベース:2722mm
車重:1530kg(乾燥重量)
駆動方式:MR
エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ
トランスミッション:8段AT
最高出力:495HP(369kW)/6450rpm
最大トルク:637N・m(65.0kgf・m)/5150rpm
タイヤ:(前)245/35ZR19/(後)305/30ZR20(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)
燃費:--km/リッター
価格:1400万円/テスト車=--円
オプション装備:--
※価格は日本仕様「3LT」の販売予定価格。その他の数値はすべて北米仕様車の参考値

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

シボレー・コルベット スティングレイ
シボレー・コルベット スティングレイ拡大
 
シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

シボレー コルベット の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。