第218回:オリジナル作品を配信サービスで楽しもう!

2020.05.16 読んでますカー、観てますカー

Netflixがアカデミー賞を席巻

地方では一部で再開が決まったようだが、都市部ではまだほとんどの映画館が閉鎖されたままである。苦境に陥っているミニシアターもあるようで、支援の動きも始まっているようだ。上映が再開されたら映画館に行くことで敬意、感謝、絆の気持ちを示したいものだが、当面はステイホームしながら映画を楽しむしかない。頼りになるのは配信サービスである。

前回紹介したAmazonプライムと双璧をなすのがNetflixだ。世界中の人々が家にこもっているので、業績は絶好調。有料会員数は昨年末から今年3月までに1577万人増えて1億8286万人に。四半期の売上高は昨年同期比28%増の57億6769万ドルに達したという。

Netflixの強みは、オリジナル作品が充実していることだ。資金力があるから、有力な監督や俳優が集まってくる。中国資本に頼らざるを得ないハリウッドに嫌気が差しているスタッフやキャストにとって、駆け込み寺的な存在になっているのだ。結果として、作品の質も上がることになる。

今年のアカデミー賞ではNetflixオリジナルの5作品で24件がノミネートされ、『マリッジ・ストーリー』のローラ・ダーンが最優秀助演女優賞を獲得している。主演のアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソンも、賞を取れなかったことが不思議なほどの名演だった。ただし、泥沼離婚劇の顛末(てんまつ)を容赦なく描いた作品なので、ハッピーなカップルは絶対観ないほうがいい。

日本でもNetflixオリジナル作品が作られていて、『全裸監督』は山田孝之の怪演で話題になった。スポンサーに配慮する必要がないので、ピエール瀧の出演シーンはそのままである。蜷川実花が監督した『Followers』では、沢尻エリカが本人を演じているのだ。タブーがないから、制作陣は思い切った仕事ができる。

『マリッジ・ストーリー』
『マリッジ・ストーリー』拡大
『全裸監督』
『全裸監督』拡大
『Followers』
『Followers』拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事