今やすっかり絶滅危惧種 “高性能なMT車”の存在意義を考える

2020.05.18 デイリーコラム

ポルシェでもレアな好事家用

去る2020年4月の話。ポルシェは北米向けの992型「911」に7段MTのオプションを設定すると発表しました。その内容は先に設定が発表されていた欧州向けに準拠しており、価格は8段PDKと同額といいますから、無償オプションという考え方もできるかもしれません。でもそれではあまりに割高=不公平感が出るわけで、MTを選んだ人にはオマケがいくつか用意されています。

とりわけ大きいのはスポーツクロノパッケージでしょう。これにより、おなじみのダッシュボード上のクロックに、ステアリングのロータリー式ドライブモード切り替えスイッチや、20秒間のスクランブルブーストを可能にするスポーツレスポンスなどの機能が加わるわけですが、MTの場合はそこにシフトダウン時の回転を車両側で合わせてくれるレブシンクロのブリッパーも追加されます。

さらに、このご時世にわざわざMTを選んで乗ろうという好事家に喜んでもらえそうな、ブレーキベクタリングのPTVと機械式リアLSDも付いてくるようですから、ポルシェとしてはPDK相当の額をいただいてもバチは当たらんだろうということなのかもしれませんね。ちなみにこのオプションは「カレラS」と「カレラ4S」に用意されるようですが、残念ながら現時点では日本のコンフィギュレーターには反映されていません。右ハンドル用のレイアウトに手間がかかるのかといえばさにあらず、同系車台の991型までは右ハンドルMTの設定がありましたから、物理的に難しいことはないと思います。

発売当初はATのみだった、最新世代の「ポルシェ911」。現時点では「911カレラS/4S」に限られるものの、MTも選べるようになった。
発売当初はATのみだった、最新世代の「ポルシェ911」。現時点では「911カレラS/4S」に限られるものの、MTも選べるようになった。拡大
「911カレラS/4S」に搭載されるのは7段MT。7速のシフトゲートは右上に位置する。
「911カレラS/4S」に搭載されるのは7段MT。7速のシフトゲートは右上に位置する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事