第177回:フェラーリの事故今昔物語

2020.05.26 カーマニア人間国宝への道

奇妙な算定基準

前回、自動車保険を「シトロエンDS3」から「フェラーリ348GTS」に入れ替えたら、追加保険料がたったの1万3800円だった! ということを書きましたが、思えばあまりにも不思議な現象だ。車両評価額はDS3が120万円、348が800万円なのに!

そこで、保険証書をよく見直してみたところ、驚愕(きょうがく)の事実が判明しました。

車両保険には、型式ごとに料率クラスというのが御座います。その型式のクルマがどれくらいの損害率かによって、決められておりまする。昔は6段階だったのが9段階になり、2020年からはなんと17段階に細分化されました。

その車両保険の料率クラスが、DS3は12なのに対して、348は9となっておったのです!

フェラーリの車両料率クラスは、常に最高といいますか最悪といいますか、6段階の時は6、9段階なら9が定番だった。17段階なら首席の17でアタリマエだろと思ったら、それがたったの9! しかも欠陥車の誉れ高い348が! 実際に欠陥車だったのは初期型だけみたいだけど、とにかくフェラーリの中でもかなりヤバイであろう348の事故リスクが低く算定されてるってどういうこと!?

そこで私はひらめきました。「フェラーリの事故率そのものが、劇的に下がっているんじゃないか! だから348が9なんじゃないか!」と。

さっそく我が代理店に確認しましたところ、拍子抜けな答えが返ってきました。

「清水さんの348は型式不明扱いでして、型式不明は自動的に9ということになっているんです」(代理店担当者)

ガックリ……。

フェラーリ348GTS
フェラーリ348GTS拡大
シトロエンDS3
シトロエンDS3拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ F430 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第181回:マリオインプは三度死ぬ 2020.6.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第181回は「マリオインプは三度死ぬ」。初代「インプレッサWRX」に魅せられた、あるスバリストの半生をたどる。走行距離20万8000km! 不動状態から幾度も復活させつつ、26年もの間、愛車を手放さずにいるワケとは?
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
  • 第182回:細かいことは忘れよう! 2020.6.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第182回は「細かいことは忘れよう!」。マイナーチェンジ後の「マツダ・ロードスター」にリベンジ試乗。完璧すぎたフィーリングに違和感!? カーマニアがスポーツカーに求める、あるべき姿とは?
ホームへ戻る