「BMW 5シリーズ」がマイナーチェンジ 欧州で2020年7月に市場導入を開始

2020.05.27 自動車ニュース
BMW 5シリーズ
BMW 5シリーズ拡大

独BMWは2020年5月27日(現地時間)、「BMW 5シリーズ」をマイナーチェンジするとともに、スポーティーな外装パーツおよび専用カラーリングを採用したモデル「Mスポーツエディション」を全世界1000台の台数限定で発売すると発表した。

「530e xDrive」のフロントフェイス。大型のキドニーグリルと新デザインのデイランニングライトを内蔵するヘッドライトが特徴だ。
「530e xDrive」のフロントフェイス。大型のキドニーグリルと新デザインのデイランニングライトを内蔵するヘッドライトが特徴だ。拡大
「Mスポーツパッケージ」が装着された「530e xDrive」のサイドビュー。
「Mスポーツパッケージ」が装着された「530e xDrive」のサイドビュー。拡大
「530e xDrive」のリアビュー。新デザインのリアコンビネーションランプと台形のテールパイプフィニッシャーを採用している。
「530e xDrive」のリアビュー。新デザインのリアコンビネーションランプと台形のテールパイプフィニッシャーを採用している。拡大
インテリアデザインもブラッシュアップされた。音声での操作が可能な「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」を搭載している。
インテリアデザインもブラッシュアップされた。音声での操作が可能な「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」を搭載している。拡大
「530iツーリング」のサイドビュー。「セダン」と同様に前後デザインを中心に外装がリニューアルされた。
「530iツーリング」のサイドビュー。「セダン」と同様に前後デザインを中心に外装がリニューアルされた。拡大
「530iツーリング」の荷室。40:20:40の分割可倒機構が備わる、リアシートの背もたれ右側部分を前方に倒した様子。
「530iツーリング」の荷室。40:20:40の分割可倒機構が備わる、リアシートの背もたれ右側部分を前方に倒した様子。拡大
「M550i xDrive」のリアビュー。
「M550i xDrive」のリアビュー。拡大
「5シリーズ セダン」の「Mパフォーマンスパーツ」装着車。
「5シリーズ セダン」の「Mパフォーマンスパーツ」装着車。拡大

運転支援システムがさらに進化

「セダン」が「G30」、ステーションワゴンの「ツーリング」が「G31」と呼ばれる5シリーズとして7世代目となる現行モデルは、2017年1月にセダンが、同年7月にツーリングが日本に導入された。

今回のマイナーチェンジでは内外装の変更に加え、4気筒および6気筒エンジンを搭載する全モデルに、48Vのスタータージェネレーターを備えたマイルドハイブリッドシステムを搭載。音声での操作を可能とする「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」や、ナビゲーションのデータを使って車線変更が必要なタイミングを事前に察知し、簡単に車線変更を行えるようサポートする「ステアリング&レーンコントロールアシスト」なども採用されている。BMWは「最新の5シリーズは自動運転への道をさらに数歩進んだ」と説明している。

内外装を大幅にブラッシュアップ

フロントフェイスでは、幅と高さを増した大型のキドニーグリルに対して、2つのU字型(オプション装備の場合はL字型)のデイランニングライトを内蔵する細身に仕立てられたヘッドライトが特徴となる。アダプティブコーナリングライト機能とマトリクステクノロジーによる幻惑防止ハイビーム機能を含む「BMWセレクティブビーム」とハイビームアシスタント機能を採用した新しい「フルLEDヘッドランプ」、「BMWレーザーライト」が全モデルにオプション設定される。これらオプションのヘッドライトは、外側のデイランニングライトがターンインジケーターを兼ねている。

リアスタイルでは装備ラインやエンジンバリエーションに関係なく、ブラックの縁取りと新しいL字型デザインにリニューアルされたリアコンビネーションランプや、台形のテールパイプフィニッシャーが全車に標準装備されている。

インテリアでは、マルチファンクションスイッチの配置が見直されたスポーツレザーステアリングホイールを標準装備。10.25インチ(標準装備)または12.3インチ(オプション)のコントロールディスプレイやセンターコンソール操作部のデザインを変更するとともに、拡張機能付きオートマチッククライメートコントロールも採用された。新たなオプション装備品として各種調節機能を備えた「Mマルチファンクションシート」やインテリアトリムストリップ、「センサテックパーフォレーテッドトリム」のシート表皮なども追加されている。

プラグインハイブリッド車を5モデルに拡大

パワートレインについては、前述の通り4気筒および6気筒エンジン搭載モデルのすべてに11PSの電気ブースト機能を備えた48Vマイルドハイブリッド技術を採用したほか、最上位モデルとして最高出力530PSのV8エンジンを搭載する「M550i xDriveセダン」も設定している。

また、従来型では「530eセダン」のみだったプラグインハイブリッド車のラインナップ拡大もトピックで、発売時に「530eセダン」「530e xDriveセダン」「530eツーリング」「530e xDriveツーリング」の4モデルを設定し、さらに2020年秋には「545e xDriveセダン」も追加の予定だ。545eは、最高出力286PSの直6ガソリンエンジンに同109PSの電気モーターを組み合わせ、システム合計出力394PSを発生。バッテリーみのでの航続距離は54~57kmと発表されている。

全世界1000台の「Mスポーツエディション」を設定

マイナーチェンジモデルと同時に「Mスポーツパッケージ」と呼ばれる空力パーツや、重量と抗力係数が低減された「BMWインディビジュアル エアパフォーマンスホイール」、「ドニントングレーメタリック」の専用カラーリングなどを採用した「Mスポーツエディション」モデルも、全世界1000台の台数限定で販売するとアナウンスされた。

5シリーズのマイナーチェンジモデルおよびMスポーツエディションの日本への導入予定については、明らかにされていない。

(webCG)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, 5シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
ホームへ戻る