ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデル

2020.05.28 自動車ニュース
ヤマハYZF-R1 ABS
ヤマハYZF-R1 ABS拡大

ヤマハ発動機は2020年5月28日、1リッタークラスのスーパースポーツモデル「YZF-R1/YZF-R1M」の2020年モデルを、同年8月20日に発売すると発表した。

 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
YZF-R1M ABS
YZF-R1M ABS拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大
 
ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデルの画像拡大

レースでの使用も視野に入れてエンジンを改良

YZF-R1は、1998年にデビューしたヤマハのフラッグシップモデルであり、同社が持てる技術の粋を尽くして開発する、サーキット走行も視野に入れたスーパースポーツモデルである。大幅改良を受けた2020年モデルは、2019年夏に欧州で発表。日本でも同年の東京モーターショーに出展された。これまでは海外専用車という扱いで、日本では“逆輸入”でしか購入できなかったYZF-R1だが、この2020年モデルについては日本でも正規販売されることとなった。

エンジンは、クロスプレーン型クランクシャフトを採用した排気量997ccの水冷4ストローク直列4気筒DOHC 4バルブ(1気筒あたり)で、最高出力200PS/1万3500rpm、最大トルク113N・m/1万1500rpmを発生。2020年モデルではサーキットでの性能に磨きをかけるべく、各部に手が加えられた。具体的には、スロットルバルブと燃焼室を近づけるようシリンダーヘッドを新設計するとともに、バルブ傘の裏を狙って燃料を放つ斜流噴射のインジェクターを採用。低~中回転域での燃焼速度を最適化することで、スロットルの開け始めからのリニアリティーを高めるとともに、トルク感のあるエンジン特性を実現したという。さらに高回転域ではセカンダリーインジェクターからも燃料を噴射し、良好な燃焼を追求している。

また動弁機構には、フィンガーロッカーアーム式のバルブシステムを採用。これはレースユースでのさらなる高回転化を想定したもので、アーム形状を見直し、高回転域でのバルブ挙動特性を向上させているという。加えて高回転域での油圧低下を防ぎ、クランクケース内のオイル撹拌(かくはん)に伴う出力ロスを低減するため、各コンロッド大端部(クランクシャフト側)へのオイル供給に“センター給油方式”を採用。コンロッド大端部、クランクジャーナル、ピストンクーラーへのオイル供給量の最適化を図っている。

このほかにも、電子制御スロットルの操作には、ワイヤーを使った機械式ではなく、電気信号でスロットル開度を伝えるAPSG(アクセル開度センサーグリップ)を採用。軽量化と優れた操作感を実現しているという。

予約受け付けは9月30日までの期間限定

改良されたエンジンの特性に合わせ、前後サスペンションもセッティングを最適化。フロントサスペンションについては「路面をつかむ感触がライダーに伝わるような接地感」(プレスリリースより)を持たせることで、ダイレクトかつ素直なハンドリングと軽快感を追求した。また上級モデルのYZF-R1Mには、オーリンズ製の電子制御ダンパーと前後サスペンションを統合制御するERS(エレクトロニックレーシングサスペンション)を搭載。フロントサスペンションには、ガスによる加圧でキャビテ―ションを抑制し、減衰力の安定に貢献するガスシリンダーを採用している。

このほかにも、2020年モデルのYZF-R1では空力性能を向上するべくカウル形状を変更。上体を伏せた姿勢でライダーがカウルの中におさまるよう走行風の流れをコントロールすることで、エアロダイナミクス特性を高めているという。

これらハードウエアの改良に対し、ソフトウエアの面では従来モデルに採用されていた電子制御システムの全面的な見直しを実施。ライダーの好みや走行状況に応じた走行支援のため、EBM(エンジンブレーキマネジメント)とBC(ブレーキコントロール)の2つの制御システムを追加した。TFT液晶4.2インチメーターの表示機能も変更しており、YRC(ヤマハライドコントロール)によるモード選択など、ライダーの好みを反映できるようになっているという。

価格は以下の通り。

  • YZF-R1 ABS:236万5000円
  • YZF-R1M ABS:319万円

両モデルともに、2020年より順次リニューアルを進めているYSPおよびアドバンスディーラーのみで販売される「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」となる。国内での販売計画は年間400台。予約受け付けは2020年5月28日から同年9月30日までの期間限定となっており、特にYZF-R1Mについては、生産計画を上回る場合は期間終了を待たずに予約受け付けを打ち切る場合もあるという。

(webCG)

関連キーワード:
YZF-R1, ヤマハ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • さらば“二輪二足”の名車! 千葉の山奥で「ヤマハ・セロー」の復活を願う 2019.12.23 デイリーコラム 多くのライダーを山へといざなったオフロードバイクの名車「ヤマハ・セロー」が、ついに生産終了に。一筋縄ではいかなかったという誕生までの経緯と、改良に携わったエンジニアの言葉から、長年にわたり愛される商品に不可欠な“条件”を探った。
  • ヤマハSR400(MR/5MT)【レビュー】 2019.3.2 試乗記 一時は販売中止に至るも、みごと復活を遂げた「ヤマハSR400」。排ガス対策が施された最新型は、走りに制約を受けるどころか、驚くほど官能的なライディングを楽しめるオートバイになっていた。
  • アニメ映画『天気の子』の劇中車を再現 「ホンダ・スーパーカブ50/110」にピンクの限定車 2020.7.7 自動車ニュース 本田技研工業は2020年7月7日、アニメ映画『天気の子』に登場する「ホンダ・スーパーカブ」を再現した、特別なカラーリングの限定車を発表した。受注期間限定・台数限定で販売される。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
ホームへ戻る